2014年08月22日

D810入院

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking310.png

別に落としたわけでもなく不具合が有ったわけでもないが、例の白点ノイズ問題でメーカーが公式に認めたので該当ロットのために修理センター送りになりました。何度か長時間露光で試したけど別にこれと言って目立った白点は出なかったけどなぁ。。。1.2クロップ使用時にも出る可能性ありということでこれは放置出来ないと思い修理に出したんだけど、ニコンの初期ロットは分かってはいるけど何かしら問題が良く起きるね。せっかくメイン機になりつつあっただけに今週末使えないのは痛いけど久々にD4sでジャカジャカ連写するのもいいかもね。・・・ってカワちゃんがそれだけ出てきてくれるかが問題だな(-_-;)


ちなみに噂されているDナナハンは買い(え)ませんよ(^_-)-☆


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 23:12 | コメント (0) | トラックバック

2014年07月19日

D810カワちゃん。

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking310.png

久々の更新ですが、本日新機種D810をデビューさせました。しかし超高画素機には厳しいどんよりとした暗い天気。。。フィールドでは2番子も出て来ていてちょこまか動いてくれますが感度上げられず、SS上げられずで辛いデビュー戦でした。。。

カワセミ(若)

Nikon D810
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/800秒
F値  5.6
ISO 640
露光モード M
CaptureNX-D→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/19
DXクロップ、トリミング、リサイズ


Nikon D810
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/200秒
F値  5.6
ISO 200
露光モード M
CaptureNX-D→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/19
DXクロップ、トリミング、リサイズ


Nikon D810
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/100秒
F値  5.6
ISO 400
露光モード M
CaptureNX-D→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/19
1.2クロップ、トリミング、リサイズ

親雄と幼鳥

Nikon D810
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/40秒
F値  5.6
ISO 400
露光モード M
CaptureNX-D→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/19
1.2クロップ、トリミング、リサイズ

親雄と幼鳥

Nikon D810
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/50秒
F値  5.6
ISO 400
露光モード M
CaptureNX-D→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/19
ノンクロップ、トリミング、リサイズ

幼鳥

Nikon D810
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/200秒
F値  5.6
ISO 400
露光モード M
CaptureNX-D→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/19
DXクロップ、トリミング、リサイズ

幼鳥

Nikon D810
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/80秒
F値  5.6
ISO 640
露光モード M
CaptureNX-D→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/19
DXクロップ、トリミング、リサイズ

使ってみての感想
シャッターフィーリングはD800Eと違って軽快な感触。音は静かでいかにもミラーブレが押さえれれていると言った感じ。実際にD800Eより2桁SSの画像は消す枚数が減った感じ。連写の7コマは中々気持ちいい。(DXクロップ、MB-D12使用時)
AFはD4sと同じように使える感じ。食い付き・レスポンスが良くてトビモノも積極的に狙えると思う。高感度は正直良くなっている感じはしなかった。D800Eと同じ様な感じかな。。。正直、曇りで暗い状況だったらISO400も厳しい。。。まあトリミング前提の小さな野鳥撮影の場合だけどね。
おそらくこれからはD4sとダブルメイン機として活躍すると思うので気づいた点があればいろいろと書いて行きたいと思います。

左がD800E、右がD810

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 18:39 | コメント (5) | トラックバック

2014年07月04日

焦点距離800mm同士の比較

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking310.png

この前導入したV2用のレンズ「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」(以下、70-300mmVRと省略)ですがV2にくっつけて810mm相当の焦点距離でメイン装備D4s+AF-S 800mm f5.6E VRとの同じシーンでの比較写真が撮れましたので掲載させて頂きます。

撮影条件
D4s+AF-S 800mm f5.6E VRは三脚使用。V2+70−300mmVRは手持ち撮影。いずれもRAW撮影でピクチャーコントロールはニュートラル。被写体のカワセミまでの距離は約11m。

まずは縦辺900pixになるようにそれぞれ等倍トリミングした画同士。トリミング以外はレタッチなし。

左画像
Nikon1 V2
焦点距離 300mm (810mm相当) 1 Nikkor VR 70-300mm f/4.5-5.6 
露光時間 1/80秒
F値  5.6
ISO 160(オート)
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/03
等倍トリミング、リサイズ

右画像
Nikon D4s
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/160秒
F値  5.6
ISO 400
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/03
等倍トリミング、リサイズ

さて次の画像はほぼ同じ画角になるように縦トリミング。こちらのD4sの画像の方はAF-S 800mm f5.6E VR付属のテレコン付きなので1000mm相当と同条件ではありません。。。

左画像
Nikon1 V2
焦点距離 300mm (810mm相当) 1 Nikkor VR 70-300mm f/4.5-5.6 
露光時間 1/80秒
F値  5.6
ISO 220(オート)
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/03
トリミング、リサイズ

右画像
Nikon D4s
焦点距離 1000mm  AF-S 800mm f5.6E VR + TC800-1.25E ED
露光時間 1/200秒
F値  8.0
ISO 800
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/07/03
トリミング、リサイズ

V2の方は手持ちということと画素数がD4Sに比べて約200万画素少ないことを考慮しなければフェアな条件とは言えないが等倍の比較はやはりというかD4s+AF-S 800mm f5.6E VRの圧勝かな。でも等倍までトリミングしなければ後の比較の方ではなかなかいい勝負しているかなぁ。ボケすぎるのが好みではない人はV2の画の方が良いかも。どちらにせよ被写体さえ近ければこういう比較も大いに楽しめますね(^^ゞ


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 20:57 | コメント (2) | トラックバック

2014年06月29日

新兵器カワちゃん。

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking310.png

Nikon1 V2用に新しく登場した1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6 を入手したのでテストしてみました。テレ端で810mm相当とコンパクトなレンズにしてはD4s+ハチゴローの画角とほぼ同じになるので興味深かったですが結果は・・・?

被写体まで約12m ノートリ→リサイズ

横編1665pixへ縦トリ→リサイズ

Nikon1 V2
焦点距離 300mm (810mm相当) 1 Nikkor VR 70-300mm f/4.5-5.6 
露光時間 1/160秒
F値  7.1
ISO 200
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/06/29

横編1946pixへ縦トリ→リサイズ

Nikon1 V2
焦点距離 300mm (810mm相当) 1 Nikkor VR 70-300mm f/4.5-5.6 
露光時間 1/60秒
F値  5.6
ISO 400
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/06/29

横編2375pixへトリミング→リサイズ

Nikon1 V2
焦点距離 300mm (810mm相当) 1 Nikkor VR 70-300mm f/4.5-5.6 
露光時間 1/200秒
F値  7.1
ISO 200
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/06/29


いずれも三脚使用でRAW撮影。 やはりというかカワセミクラスだと被写体まで20m超えてしまうと一眼+長玉の描写に見慣れている人にとってはかなり厳しい。被写体まで20m以内だったら軽量装備として携行してもいいかなと言った感じかな。でもボケは綺麗だし抜けも良い感じだからだてにナノクリレンズを名乗っていないね。偵察用やお山用としては使えるかも。まあ1インチセンサーのカメラだからレンズ云々よりカメラの性能に拠るところが大きいかな?

D4sの画像編

Nikon D4s
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/125秒
F値  5.6
ISO 400
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/06/29
トリミング、リサイズ


Nikon D4s
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/640秒
F値  5.6
ISO 400
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/06/29
トリミング、リサイズ


Nikon D4s
焦点距離 1000mm   AF-S 800mm f5.6E VR + TC800-1.25E ED
露光時間 1/160秒
F値  7.1
ISO 400
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/06/29
トリミング、リサイズ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 18:51 | コメント (0) | トラックバック

2014年01月10日

2000mmカワちゃん。

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking310.png

本日は明日の土曜出勤の代休になったので渓流に行って来ました。朝から強い北風が吹き付けてとにかく寒い!!カワちゃんと波長も合わずに途中で心が折れましたがなんだかんだで結局16時近くまでフィールドに居ました^^;

カワセミ(雄)

Nikon D4
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/1250秒
F値  5.6
ISO  400
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/01/10
周辺トリミング、リサイズ


Nikon D4
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/1250秒
F値  5.6
ISO  320
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/01/10
トリミング、リサイズ


共通撮影データ Nikon D4
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/1000秒
F値  5.6
ISO  250
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/01/10
トリミング、リサイズ


共通撮影データ Nikon D4
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/640秒
F値  5.6
ISO  200
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/01/10
トリミング、リサイズ


共通撮影データ Nikon D4
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/1250秒
F値  5.6
ISO  400
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/01/10
トリミング、リサイズ

でタイトルが何故2000mmかって??実はこういうわけ。

ホバ動画を撮ろうと思って中古で購入したNikon1 V2にFT-1+AF-S 800mm f5.6E VRでなんと2160mm相当。今日も至近距離ホバがあったがこんなことして遊んでいたのでファインダーに一発で入らずに撮れずにアタタタ。。。。さすがに2000mm超えれば照準器無しでフレームインは難しいっす^^; いちおうとまりもんは撮ったので比較画像をどうぞ。


V2とD4の同じシチュエーションの画像をカワちゃんがほぼ同じ大きさになるようにトリミング。V2が2160mm相当、D4が800mm、当然トリミング量がD4が圧倒的に大きくなるわけでこちらの画像に関してはリサイズ無しの縦辺900pixのピクセル等倍画像。一方でV2の方は余裕でトリミング、縦辺900pixのリサイズ画像。



Nikon1 V2
焦点距離 2160mm相当   AF-S 800mm f5.6E VR +FT-1
露光時間 1/320秒
F値  6.3
ISO  160
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/01/10
トリミング、リサイズ

Nikon D4
焦点距離 800mm   AF-S 800mm f5.6E VR
露光時間 1/640秒
F値  5.6
ISO  200
露光モード M
CaptureNX2→PhotoshopCC
撮影日時 2014/01/10
ピクセル等倍トリミング、リサイズ

ご覧の通り解像度はV2の圧勝。被写体全域に渡ってシャープな印象。D4の場合はセンサーサイズによる被写界深度の浅さが顕著に現れていて被写体が全域に渡ってシャープではない。こんなデジスコ的な使い方だったらかなりV2面白そう。さすがにD4に比べてAF遅いけど。。。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:23 | コメント (1) | トラックバック

2013年01月20日

D800Eとヨンニッパ+1.7倍の凄さ

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking310.png

今日は北風が強い影響でカワちゃんはさっぱり遊んでくれませんでした(ToT) フィールドではひたすら新しく導入したAF-S 400mm f2.8G VRとD800Eのピントの微調整をしていました。

超解像カメラD800Eとヨンニッパと1.7倍テレコンであるTC-17EIIの組み合わせはある意味最強。
D800Eはレンズを選ぶ相当シビアなカメラであることはご存知かと思うがロクヨンに1.4倍テレコンだとガラスを一枚挟んだようなモワモワ描写で相当厳しい。かと言ってロクヨン単体だと焦点距離が物足りない。そこでマスターレンズの性能及びテレコン耐性の高いヨンニッパだったら1.7倍テレコンを装着してもロクヨン単体に引けを取らない素晴らしい描写をしてくれる。焦点距離だって680mmあるからDXクロップをかませば680mm×1.5倍で1020mm相当が可能だ。カワセミのホバ撮影で少しでも焦点距離をという方はこの組み合わせが是非お薦め。けどこのカメラの性格上、ブレには相当シビアであることは覚悟しないとね(^^ゞ

この組み合わせで撮影した画像をピクセル等倍トリミングしてシャープを掛けないほぼ素に近い画像を貼っておきます。

カワセミ雌(本日撮影)


共通撮影データ Nikon D800E
焦点距離 650mm   AF-S 400mm f2.8G VR + TC-17EII
露光時間 1/500秒
F値  5.6
ISO  200
露光モード M
PhotoshopCS5
撮影日時 2013/01/20
DXクロップ


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 19:21 | コメント (0) | トラックバック

2013年01月19日

新レンズカワちゃん。

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking310.png

前回の日記で述べた通り新レンズ「AF-S 400mm f2.8G VR」のデビュー戦となりましたがカワちゃんも新レンズデビューを祝ってくれるかのように遊んでくれました(^^♪

カワセミ(雌)

Nikon D800E
焦点距離 650mm   AF-S 400mm f2.8G VR + TC-17EII
露光時間 1/320秒
F値  5.6
ISO  100
露光モード M
PhotoshopCS5
撮影日時 2013/01/19
DXクロップ、トリミング、リサイズ


Nikon D800E
焦点距離 650mm   AF-S 400mm f2.8G VR + TC-17EII
露光時間 1/640秒
F値  5.6
ISO  160
露光モード M
PhotoshopCS5
撮影日時 2013/01/19
DXクロップ、トリミング、リサイズ


共通撮影データ Nikon D800E
焦点距離 650mm   AF-S 400mm f2.8G VR + TC-17EII
露光時間 1/500秒
F値  5.6
ISO  160
露光モード M
PhotoshopCS5
撮影日時 2013/01/19
DXクロップ、トリミング、リサイズ


Nikon D800E
焦点距離 650mm   AF-S 400mm f2.8G VR + TC-17EII
露光時間 1/500秒
F値  5.6
ISO  200
露光モード M
PhotoshopCS5
撮影日時 2013/01/19
DXクロップ、トリミング、リサイズ

居残り編

Nikon D4
焦点距離 650mm   AF-S 400mm f2.8G VR + TC-17EII
露光時間 1/160秒
F値  5.6
ISO  400
露光モード M
PhotoshopCS5
撮影日時 2013/01/19
トリミング、リサイズ

描写も名玉AF-S 400mm F2.8Dと比べて問題なさそうです(^o^)これからも色々とテストして行きたいと思います。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 20:12 | コメント (0) | トラックバック

2011年12月25日

秘密兵器カワちゃん。

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking300.png

ついに秘密兵器登場!? 2週間程前に手に入れていたNikon1 V1に加えて先日マウントアダプターのFT-1が届いたので本日、Nikon1 V1 + FT-1 + AF-S Nikkor ED 400mm F2.8D IIの装備で出撃。なかなか楽しませてくれました(*^^)v

カワセミ

Nikon1 V1
焦点距離 400mm(1080mm相当)AF-S 400mm F2.8D II + FT-1
露光時間 1/320秒
F値  2.8
ISO  200
露光モード P
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS5
撮影日時 2011/12/25
トリミング、リサイズ


Nikon1 V1
焦点距離 400mm(1080mm相当)AF-S 400mm F2.8D II + FT-1
露光時間 1/250秒
F値  5.6
ISO  200
露光モード P
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS5
撮影日時 2011/12/25
トリミング、リサイズ


Nikon1 V1
焦点距離 550mm(1485mm相当)AF-S 400mm F2.8D II + TC-E14II + FT-1
露光時間 1/500秒
F値  5.6
ISO  200
露光モード P
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS5
撮影日時 2011/12/25
トリミング、リサイズ


Nikon1 V1
焦点距離 550mm(1485mm相当)AF-S 400mm F2.8D II + TC-E14II + FT-1
露光時間 1/400秒
F値  5.6
ISO  200
露光モード P
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS5
撮影日時 2011/12/25
トリミング、リサイズ


Nikon1 V1
焦点距離 550mm(1485mm相当)AF-S 400mm F2.8D II + TC-E14II + FT-1
露光時間 1/500秒
F値  5.6
ISO  110
露光モード P
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS5
撮影日時 2011/12/25
トリミング、リサイズ

DSC_1055.jpg
Nikon1 V1
焦点距離 550mm(1485mm相当)AF-S 400mm F2.8D II + TC-E14II + FT-1
露光時間 1/500秒
F値  5.6
ISO  200
露光モード P
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS5
撮影日時 2011/12/25
トリミング、リサイズ

コンデジと一眼レフの中間的な位置付けのカメラではあるがFT-1を介してFマウントレンズを使った感想としては予想より使えそうだと言うこと。撮ったRAW画像をNX2で編集するとAPS-C機とそんなに遜色ないかな。ノイズ性能もD300レベルといったところ。メーカーはテレコンは使用不可と謳っているが今回の使用条件では普通に使えた。AFの精度も今のところは問題なさそう。これから鳥撮りで使おうと思っている鳥屋さんに短所と長所を私なりに書いときましょ。

短所 
・秒間10コマはエレクトリックシャッターのみでオート露出のみになる。
・FT-1使用時にはAFは中央一点のみの動態追従無しのAF-Sで固定される。
・電子ファインダーなので咄嗟にファインダーを見たいときにタイムラグがあっていらいらする。
・スリープになると復帰までタイムラグがある。
・画像チェックの時にファインダー近くに手をかざしただけでセンサーが作動して液晶モニターが消える。(ファインダーを覗くと液晶モニターが消える仕組みのため)
・長玉につけるとボディがちっちゃすぎるためにグリップ感が乏しくレンズを振るのに気をつかう。
・構えると背面ダイヤルがすぐに動いてしまってスチールのつもりが動画モードになっていたりする。
・ダイナミックレンジが狭い(センサーが小さいので仕方がない)
・デフォルトの画はかなりシャープが効いているのでピントが全域で合っているように錯覚する。

長所
・鳥屋さんに嬉しい35mm換算2.7倍の画角。
・一眼レフも真っ青の爆速「位相差AF」
・フォーサーズより小さいセンサーにも関わらずノイズ性能はかなり頑張っている。
・解像感をしっかりと残すニコンらしい画作り。
・爆速秒間10コマのエレクトリックシャッター。
・ファインダーを覗いたまま動画が録れる。
・NX2で一眼レフの画を編集する感覚で現像出来る。
・見た目のコンパクトさからは考えられない実力を秘めたミラーレス一眼。

DSC_0104.jpg

是非、ご参考にして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 16:28 | コメント (0) | トラックバック

2011年01月27日

ニコンデジイチ4機高感度比較テスト

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking88.png

最近、カメラを2台増やしてしまったので所有するニコンのデジイチが4台になってしまいました。そこで4機を同じ条件で撮影して比較テストしてみました。

・被写体 我が家の愛鳥ぴっぴちゃん(♀、7才)
・使用カメラ Nikon D7000(DX1600万画素)、D3100(DX1400万画素)、D300(DX1200万画素)、D3(FX1200万画素)
・使用レンズ Nikkor AF-S 24mmF1.4G
・全ての画像が600pix×400pixになるように等倍トリミング
・全てのカメラでノイズリダクション、アクティブDライティングはオフ
・CaptureNX2にてRAW現像、ピクチャーコントロールは全てのカメラでスタンダード使用
・NX2での調整はWBのみ
・PhotoshopCS3にてトリミング、それ以外はレタッチは一切なし
・全ての画像がクリックすると大きくなります


原画(M、ISO800、1/80秒、F2.0)

ISO800の比較(M、1/80秒、F2.0)

ISO1600の比較(M、1/160、F2.0)

ISO3200の比較(M、1/320秒、F2.0)

ノイズ量でいくとD3>D7000>D3100>D300といった感じかな?D3が圧勝なのはわかるけど1600万画素で画素ピッチが一番狭いD7000が他のDX2機を凌いでいるのはびっくりですね。またD3の約10分の1のお値段で買えるエントリー機のD3100もかなり頑張っていますね。ISO800はどれも無難にこなしている感じだけどISO1600から差がはっきりと出て来ている感じがします。ISO3200はD3とD7000だったら使えそうな感じですね。D300は高感度では他の3機に遅れをとっている感じがしました。

まあこのテストだけでは決めつけられないわけですから(暗部のノイズなど)参考程度に見ておいて下さいね(^^;


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 01:08 | コメント (0) | トラックバック

2011年01月22日

D7000カワセミデビュー。

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking88.png

動画撮影用&D300後継機待ちきれない症候群のためにD7000をゲット。本日カワセミ撮影デビューとなりました。1600万画素の高解像度、高感度がめっぽう強く「これはもうD300を超えている」という評判は本当なのかを検証してみました。

D300に比べて良い点 
・待望のISO100が普通に使える(さすがにノイズレスで綺麗!!)
・1600万画素あるのでトリミング耐性が強くなった
・EXPEED2により階調が豊かになった(気がする・・・)
・AFの体感速度が速い(食いつきも良くなったか?)
・私の良く使うISO800までは比較的にノイズが少ない
・フルHD動画が簡単操作で録れる

D300に比べて今ひとつな点
・秒間6コマ(仕方がないか・・・)
・バッファが13枚(UHS-I規格のSDHCカード使用時 ロスレス圧縮RAW、12bit)
・ピクチャーコントロールのD2Xモードが使えない
・AFーCだと若干AFがバタつく。
・レリーズタイムラグを含めてシャッターレスポンスが??である。
・素材製重視なのかコントラスト、彩度、シャープネス共に低めである。

今日現在で気付いた点はこんなものだがNX2で現像してびっくり。スタンダードだととにかく薄い。。。デフォルトからコントラスト+2、彩度+1にしてやっと今までの感覚に近いかな?どちらにせよカスタムピクコンのD2Xモード3が使えないのは痛い。使い慣れてくれば色の出し方も分かってくるとは思うのだが・・・

カワセミ

Nikon D7000
焦点距離 600mm (900mm相当)
露光時間 1/640秒
F値   5.0
ISO  160
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2011/01/22
トリミング、リサイズ


Nikon D7000
焦点距離 600mm (900mm相当)
露光時間 1/800秒
F値   5.0
ISO  200
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2011/01/22
トリミング、リサイズ


Nikon D7000
焦点距離 600mm (900mm相当)
露光時間 1/400秒
F値   5.0
ISO  100
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2011/01/22
トリミング、リサイズ


Nikon D7000
焦点距離 600mm (900mm相当)
露光時間 1/640秒
F値   5.0
ISO  160
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2011/01/22
トリミング、リサイズ


Nikon D7000
焦点距離 600mm (900mm相当)
露光時間 1/640秒
F値   4.5
ISO  200
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2011/01/22
トリミング、リサイズ

D7X1127.jpg
Nikon D7000
焦点距離 600mm (900mm相当)
露光時間 1/800秒
F値   5.0
ISO  200
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2011/01/22
周辺トリミング、リサイズ

ピクセル等倍近くまで劇トリ。

Nikon D7000
焦点距離 600mm (900mm相当)
露光時間 1/400秒
F値   5.0
ISO  100
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2011/01/22
トリミング、リサイズ

確かにD300の下のクラスの機種だから過大な期待は出来ないがいざという時のサブ機にはなりそうかな?これからも気付いた点があったらドシドシ書き込んで行きます。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:57 | コメント (2) | トラックバック

2010年12月05日

長玉への道(15)〜ロクヨンの復帰〜

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

約2年8ヶ月ぶりのこのシリーズ復活です。2年前にロクヨンを売却してからはヨンニッパ1本で鳥撮りを頑張ってきました。かつてはサンニッパに始まりゴーヨン、ロクヨンももちろん使っていたわけですが1本だけ残すことになった時にあえてヨンニッパを残したわけです。それもそのはず、このレンズは万能だからです。1.4倍テレコンを装着すればロクヨン単体とほとんど変わらぬ描写をするしそれ以上の画角が欲しければ1.7倍テレコンを装着すれば680mmになりカワセミにもほぼ満足いく画角が得られます。そして何よりも歩留まりが良い。遠征でもリュックの収まりがいいので正直、ヨンニッパ1本と1.4と1.7倍のテレコンがあれば鳥撮りは十分だと思っていました。

それでもやはり恋しくなるのがこのレンズなのです。600mm・・・500mmとの差は100mmだけなのですが数字では表せないその描写の違い、存在感、カリスマ性・・・そしてバックの強烈なボケはやはりヨンニッパ+テレコンとは一線を画します。しかしゴーヨンほど簡単に合っているようで合ってくれない超劇薄ピント、些細なことでぶれるデリケートさ、この難しさがたまらなく魅力があるのです。じゃじゃ馬とでも言いましょうか、レンズの良さをものにするのは腕次第というこのレンズが再び恋しくなってきたのはここ最近のことです。ヨンニッパよりも腕をピーンと伸ばして堂々と構えるあの感覚。カワセミ撮影に対しても撮影スタンスのマンネリが続きモチベーションが下がり始めていただけにここらでカンフル剤が必要だと思い、ついついニコンのロクヨンVRの商品ページをネットでちょくちょく見るようになってきたのです。
でもとてもじゃないけど現金一括なんかで買える裕福な身分ではない・・・とあるショップのページで分割払いのシュミレーションがあったのでページを先に進ませるといろいろと記入する項目があったので途中まで進んでシュミレーションが出来たらそこでストップさせようとしたらなんと「ご注文有難うございました。」の画面になってしまっているではないですか。もちろん電話すればキャンセルは効くのですがこれは「ロクヨン買いなさい」という神の声だと思って結果的に購入を決意する運びとなりました。(時期的にだいぶ前倒しになったけどね・・・)
続く

新たに導入されたロクヨンVR(AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR、カメラはD300)


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


[カワセミ] ブログ村キーワード
[野鳥写真] ブログ村キーワード
[野鳥撮影] ブログ村キーワード

投稿者 shirou-miz : 21:49 | コメント (3) | トラックバック

2010年02月09日

D300が死んだ。。。

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking280.png

我がカワセミ撮影メイン機のD300がこの前の日曜日の撮影中に突然電源が立ち上がらなくなった。最初はバッテリー切れと思いきやフル充電のバッテリーに替えたが全く反応しない。電源ユニットがいかれたようだ。
超初期ロットの私のD300は今までも故障多数。カードの書き込みエラー連発で修理に出したこともあったっけ。その後もエラー表示が出ることも珍しくなかったがまさか電源が入らなくなるなんて・・・
明後日から遠征に行くというのにサブ機無しは相当つらい。でもD3一台で頑張ってもらうっきゃないっしょ。(一昨年D3も遠征中にシャッターユニットがいかれた)故障したD300は入院となったが修理代は一体いくらかかるやら・・・やはり鳥さんにはAPS-Cは外せないからね。
ニコンさん、しっかりして下さいよ!!

D300


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援クリックよろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

[カワセミ] ブログ村キーワード
[野鳥写真] ブログ村キーワード
[野鳥撮影] ブログ村キーワード

投稿者 shirou-miz : 22:21 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月24日

新しいプリンター導入。

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking270.png

今までエプソンのA3ノビモデルのPX-G5000を使っていたのだけれど色が気に入らなくて最近はほとんど使っていなかった。。。なんだかおもちゃっぽい発色の家庭用プリンターの感が否めなかったからだ。発色は自然な感じで業務用ではない玄人向けのプリンターはないものかと思って注目したのが今回導入したエプソンのMAXARTシリーズの「PX-5600」。
グレーインクを使うなど本格的に白黒印刷にも対応したモデル。印刷してみると発色は控えめだが暗部の階調も綺麗に出ていて原画に対して忠実な画をはき出してくれました。良く言えば嫌みのない自然な発色というのが正解みたい。
モニターもしっかりとキャリブレーションしたらほぼ、モニターに映しだされた通りの画が出て来ました(^^  これには大満足!!

PhotoshopCS系を使っている方はカラー補正はPhotoshop側でされることをお勧めします。(プリンター側でやると発色が派手になってしまう。。。)色の校正設定も忘れずにね。

本格的に自慢の作品を印刷しようという方には是非おすすめですね。(A3ノビまでだけれどね)

メーカーのHP
http://www.epson.jp/products/colorio/printer/pro/px5600/tokucho.htm?fwlink=s0301


投稿者 shirou-miz : 23:55 | コメント (4) | トラックバック

2009年07月31日

ニコンD300s&D3000発表!!

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking290.png

久しぶりの機材ネタでということで。。。最近、機材を買ってないから関心が薄れつつありますがD300は私がメインで使っているカメラなので取り上げてみました。

さてD300sですが従来のD300から変わった主な点は

・メモリーカードダブルスロット(CFカード+SDカード)搭載。
・ハイビジョン対応の動画撮影「Dムービー」搭載。コントラストAF対応。
・動画撮影用のモノラル内蔵マイク搭載。
・静音撮影モード搭載。
・ボディ単体でのコマ速が従来の秒間6コマ→7コマに。(MB-D10装着時は従来の秒間8コマのまま)

主立った進化はこれくらいかな?ほとんどマイナーチェンジということはそれだけD300の完成度が高いということかな?
でも鳥屋さんにとっては「静音モード」は願ってもない機能だね。幾度となくシャッター音でアカショウビンに眼付けられることが多かったからなぁ。。。ダブルスロットもフラッグシップを名乗っているのだから欲しい機能だね。
あとはAF性能だとか高感度ノイズだとか数値に表れない部分がどれだけ変わっているのか気になるけど大事なのは「Err」を今までのように出さないこと。私のD300は初期ロットだったために今までに何度も「Err」が出てシャッターが下りなかったとことがあったからいまいちこのカメラは気に入っているけどここ一番で信用できないんだよね。修理に出してもちっとも改善されないし・・・今度の「s」でどれだけ改善されているのかとても気になりますね。

D3000はD60をかみさん用に持っているからあまり興味ないけどピクチャーコントロール対応になったのとAFポイントが3点から11点になったのは良さそうですね。思いっきり安くなったらD60から買い換えようかな。。。

Nikon Imagingより


今回は購入はしばらく様子見です(^^;

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援よろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

[野鳥写真] ブログ村キーワード
[野鳥撮影] ブログ村キーワード

投稿者 shirou-miz : 22:55 | コメント (2) | トラックバック

2009年03月30日

ハイビジョン動画が録れるコンデジ。

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

先週末はカワちゃんがさっぱり遊んでくれずほとんど坊主でした。まともな画が撮れないとブログの更新すらままなりませんが、モチベーションの起爆剤としてコンデジを購入しました。え?なんでカワちゃんがまともに撮れないとコンデジかって??静止画ではなくて動画ですよ、動画。そりゃあC社の5DMark2とか今度新しく出るkissX3とかデジイチでも選択肢はあるけれども予算がとてもありましぇ〜ん。
そうこのパナソニックのDMC-TZ7、今はやりのハイビジョン動画が録れて実勢価格40,000円程度。(実際はもっと安く買ったけどね)

写りはさすがハイビジョンだけあってなかなかなものです。静止画だってアユのヴィーナスエンジンが効いてなかなかでっせ。動画形式は「AVCHD Lite」で従来のMotionJPEGよりも高圧縮が可能で4GBのSDHCカードで約30分〜1時間くらいの動画撮影が可能です。メディアよりも電池が先になくなりそうです。ただこの動画形式の欠点はMacに非対応でMac使いの私にとってはこれは大きなマイナスポイント。こちらはいち早く改善して欲しいものです。

え?これで何を録るのかって?? 我が家のぴっぴと12倍ズーム(望遠側300mm相当)を生かしてド近いカワちゃん録れるように頑張ります(^^;

パナソニックDMC-TZ7

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援よろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

[野鳥写真] ブログ村キーワード
[野鳥撮影] ブログ村キーワード

投稿者 shirou-miz : 20:58 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月01日

D3X発表!!

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking280.png

今日ニコンからD3の高画素版のD3Xが発表になりましたね。有効画素数2450万画素、秒間5コマとほぼ予想通りのスペックでした。D3が高感度に振っているのに対してD3XはISO100ー1600と完全に低感度仕様。完全に両機の使い分けが出来そうですね。
D3と同様クロップモードも付きますがこちらは1000万画素の秒間7コマと控えめ。このカメラのクロップモードでD300の代用が効けばとカワセミにもと思っていましたが、このスペックだったらD300で十分かな。ニコンがアナウンスしている通りこのカメラはスタジオ主体のプロ仕様ですね。

今回はさすがにダストリダクションを搭載してくるかと思いきや、付きませんでしたね。視野率100%を保ったままではやはりまだ技術的に無理か。Fマウントの場合はスペースが無いみたいですから。。。

公式サンプルをみると解像感は凄まじいですね。あと発色もグーです。α900と同じセンサーとは思えない出来映えですね。しかもサンプルに使用しているレンズは最近のものではあるもののしっかりと2450万画素を受け止めている感じでした。この解像感をみると欲しくなりますがお値段はなんと実売で90万円だそうで。。。実売40万円のD3の筐体に30万円のα900のセンサーを載せたカメラがこの値段??と思いがちですが画の出来映えをみて納得??
最近のデジ一は発売後の値落ちが激しいので待てる人は発売してから半年くらいは待った方がいいかも?
えっ??私はって??とても買えるお値段ではありません(^^;(ってカワセミには使わないし・・・)

Nikon Imagingより


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援よろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 23:18 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月28日

新MacBook PRO導入!!

野鳥写真人気ランキング
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking280.png

少し早いボーナス前のお買い物〜♪ 
新型のアルミMacBook PROを従来の母艦Mac Proのサブ機として導入しました。主なスペックは

アルミ削り出しの一体型ユニボディ。(これがなかなかいい!!)

新型LEDバックライトの15.4インチ液晶モニター
Intel製 Core 2 Duo2.4GHz
メモリーは2GB→4GBに増設(1066MHz DDR3 SDRAM)
内蔵HDDドライブは250GB
グラフィックスおよびビデオはNVIDIA GeForce 9400M及び
NVIDIA GeForce 9600M GTのデュアル構成

従来よりグラフィック性能は5倍程度にアップしているのでこれはもうデスクトップ並のパフォーマンスですな。モニターはグレアパネルだけあってさすがにNanaoとか使っているとグラデーションの出方が物足りなかったりするけど携帯出来るノートPCということを考えれば十分すぎる性能。新たにバックライトがLEDになったので立ち上げてすぐに明るくなるのがGOOD!!

トラックパッドも従来あったクリックボタンが廃止されてガラス製のパッドそのものでクリックする仕様。ただ上の方が固いのでタップモードに設定して軽く指でトントンするようにすると私自身はしっくりきました。

写真のRAW現像をやるとなるとさすがにデフォルトの2GBではかったるかったので早速バッファローの1066MHz DDR3 SDRAMの2GB×2枚を買って4GBに増設。Mac Proのスピードには及ばないもののなかなかいい仕事してくれます。ちなみに今回の記事もこのPCで更新しました。

これで少しは電気代が節約出来るかな??
光るキーボードとリンゴマークがかっちょいい!!でもボーナスが殆ど残らへん…>_<…

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
ポチッと応援よろしくお願いします。
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 22:34 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月03日

低速ホバ&D300ファームアップテスト

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking300.png

連休最終日はどんよりとした曇りでした。あまりにも暗くてssが上がらなかったので久しぶりに低速モノ、頑張っちゃいました(^^;


Nikon D300
焦点距離 850mm(1275mm相当)600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/80秒
F値   7.1
ISO  400
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/11/03 11:20
トリミング、リサイズ


Nikon D300
焦点距離 850mm(1275mm相当)600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/100秒
F値   7.1
ISO  400
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/11/03 10:33
トリミング、リサイズ


Nikon D300
焦点距離 850mm(1275mm相当)600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/80秒
F値   7.1
ISO  400
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/11/03 11:30
トリミング、リサイズ


Nikon D300
焦点距離 850mm(1275mm相当)600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/40秒
F値   7.1
ISO  200
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/11/03 11:42
トリミング、リサイズ


Nikon D300
焦点距離 850mm(1275mm相当)600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/60秒
F値   7.1
ISO  400
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/11/03 13:32
トリミング、リサイズ


ついでにD300のファームウェアを1.10にアップデートして気付いた点
・AWBはあまり変わらないかな。曇りの時だとやはりレッドやブルーに被る。
・基準露出が約1/3段ほどアンダーになった。(一瞬、彩度が高くなったと勘違いする)
・暗部のノイズが減少した。
・ライブビュー時のコントラストAFが若干早くなった。(使わないけでどね)
このファームアップにより今までISO400でもノイジーだったD300だがISO640までは使おうかなと思うくらいノイズが少なくなった感じです。今回はISO400メインでしたが大きめにトリミングしても問題なし。私見ですが今までは映像エンジン側で露出をオーバー目に持ち上げていたのでISO200でもノイジーな画(粉っぽいともいう)だったのではないかと思います。まあこれから使っていくうちに良い点悪い点がもっと分かってくるでしょう。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
野鳥写真人気ランキングに登録しました。
こちらも応援して頂けると嬉しいです(^^
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


[カワセミ] ブログ村キーワード
[野鳥写真] ブログ村キーワード
[野鳥撮影] ブログ村キーワード

投稿者 shirou-miz : 16:52 | コメント (2) | トラックバック

2008年10月21日

EOS-1D i 発表!!・・・・か?

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

キヤノンから全く新しいプロ用デジタル一眼が発表されるそうです。その名も「EOS-1D i」。APS-Cフォーマットで新しく開発された8.2MPの撮像素子を採用。コマ速は新開発の固定式ミラーのおかげでなんと秒間22コマ。映像エンジンはDualDigic4採用でjpegラージサイズで320コマ、RAWで100コマも連続撮影が出来るそうです。

EOS50Dで採用されたギャップレスマイクロレンズを搭載してISO25-12800。新開発のミラーのおかげでシャッター速度の上限がなんと1/128、000。

AFは45点AFで16点のクロス測距点と26のアシスト測距点を含む。

アメリカでは12月上旬に発売されるそうですが発表は11月中ではないかとの噂です。


・・・・と入手した情報を書いてみましたが本当に出るかどうかはわかりません。でも画素数を抑えてかつてのペリクルミラーを彷彿させる固定式ミラーで出てくるのであればこれぞ究極の連写マシーンでしょうね。秒間22コマはおそらくAFは1コマ目で固定でしょうけど。画素数からいって高感度ノイズもすごく強そう。最近の高画素化の流れに逆行していて好感が持てます。プロ用ということでもし本当に出るのであれば気になるお値段は一体いくら??30万円くらいかな??とにかく今後目が離せないぞキヤノン!!

入手先は以下の海外サイトです。ご興味ある方は一読あれ。
Canon rumors」http://www.canonrumors.com/2008/10/18/canon-eos-1di/

*本文の内容はあくまでも噂の領域ですので真贋の程はご自身の判断でお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
野鳥写真人気ランキングに登録しました。
こちらも応援して頂けると嬉しいです(^^
ここをクリックポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

[野鳥写真] ブログ村キーワード
[野鳥撮影] ブログ村キーワード
[デジタル一眼レフ] ブログ村キーワード

投稿者 shirou-miz : 21:37 | コメント (0) | トラックバック

2008年09月21日

D60でカワセミ。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking270.png

最近、あまりにもカワセミの出が悪いので女房からこの前購入したD60を借りてカワちゃんをテスト撮影してみました。

まずは横辺3872pix→約1500pixへの超トリ画像を・・・

Nikon D60
焦点距離 850mm(1275mm相当)600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/40秒
F値   5.6
ISO  800
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/09/21 08:00
超トリミング、リサイズ

続いて黒バック画像を・・・

Nikon D60
焦点距離 850mm(1275mm相当)600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/100秒
F値   6.3
ISO  800
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/09/21 08:03
周辺トリミング、リサイズ

まさか4万円台のカメラでここまで画質が頑張ってくれるとは思わなかった。。。いずれの画像もノイズリダクションオフでRAWで撮影ですがISO800使えますね。PhotoshopCS3で多少のレタッチこそしていますが元画が分からなくなるほどいじくっていませんからね。

そこでこのカメラの約7倍近いお値段のD700で同じように撮ってみると・・・

横辺4256pix→約1500pixへの超トリ画像

Nikon D700
焦点距離 850mm 600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/60秒
F値   6.3
ISO  1000
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/09/21 07:55
超トリミング、リサイズ

同じく黒バックモノ。。。

Nikon D700
焦点距離 850mm 600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/200秒
F値   6.3
ISO  800
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/09/21 09:53
超トリミング、リサイズ

*色調を少しでも近づけるためにCaptureNX2でピクチャーコントロールをいずれの画像もモードIIIに統一しています。

う〜ん、違いは歴然ですね(^^; かなりの意地悪テストなんだけど、何よりも違いを感じたのはD60は初心者受けを狙って派手な発色、D700はそれにくらべるとかなり地味な発色。(これでも他社のデジ一に比べると派手な方ではあるが)カワセミの階調の出方はさすがにD700の完勝。ダイナミックレンジもD700の完勝。ノイズ性能もD700の完勝。解像感もD700の完勝。比較結果は当たり前のことかもしれませんが、お値段の差を考えたらD60はかなり画質頑張っているカメラといえるでしょう。

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 15:35 | コメント (0) | トラックバック

2008年09月18日

キヤノン、ニコンの今後。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

さてソニーのα900に続いてキヤノンも待ちに待った5D後継機のEOS5DMarkIIが発表になりましたね。2110万画素、ISO100-6400(拡張でISO50、12800、25600可)、秒間3.9コマ、視野率98%、9点AF(アシスト6点)、極めつけはAF可能のHD動画機能でしょうね。ここまで来るとなんだかスペックと目新しい機能で購買層を惹きつけようというのが見え見えですね。まず私的に思ったのが

・スペックで惹きつけるだけのための2110万画素なのか。
・3年間待たせてAFは果たして進化しているのか?クロスセンサーが中央一点のみというのは寂しすぎないか?
・このクラスに果たして動画機能が必要か?むしろカメラとしての基本性能アップに特化すべきではないのか。おまけ機能を付ける余裕がある出来とは思えない。。。
・要するにこの後出てくるであろう1DMK4??に遠慮し過ぎていないか?
・公式サンプルの氷河の画像は等倍で見ると醜すぎ。要は24-105mmのLレンズで既にこの画素数に追いついていない感じですね。山の稜線に収差が出まくっているし周辺の木々も見事に塗りつぶした感じですね。また現状のC社のレンズで長玉以外にこれだけの高画素数に使えるレンズがどれだけあることやら。ツァイスのEOSマウントが出るのでこちらを使えってことかな?無闇な画総数アップ=コンデジ画質化になってしまっている。

まあこれで27万円くらいだからというから高画素カメラというよりデジ一市場の価格崩壊がまさに起こっているわけですが、肝心の性能は見せかけのスペックにちょいと走り過ぎていないかい??これから各メーカーに言えることですが無闇な画素数など追求せずに階調性能やノイズ性能、操作性、書き込み速度などの基本性能をブラッシュアップした地味だけどカメラの基本として真面目な方向に進化して欲しいですね。おまけ機能を付けるのはエントリークラスのカメラで十分だと思いますよ。

EOS5D MarkII(CanonのHPより)

まあ5D2批判ばかりの前置きになってしまいましたが、今後の2社の新機種を独断と偏見で勝手に予測してみました。

キヤノン

・年内に5Dの更に廉価版7D登場??1600万画素、5コマ、動画機能は無し??D700を潰すために登場。20万円位。
・来春?に1DMK4登場。1600万画素、ついにAPS-Hからフルサイズに。秒間11コマ。驚異の高感度低ノイズ。D3潰しのためのフラッグシップ。35万円位??
・来夏に60D登場。今度はある程度熟成された動画機能付き。もちろんAF可能。秒間7コマ。画素数はさすがに据え置きかな??12万円位???

ニコン

・α900のCMOSを載せた2460万画素のD800登場というガセネタ?が流れたが真相のほどは不明。
・D3Xは出ると思わせて実は135サイズでは出ないかも。来年2月にスクエアフォーマットいわゆる中判のMXフォーマットを開発中との噂なので2000万画素を超えるカメラは新フォーマットでどうぞということかな?D3やD700並の画質を2000万を超える高画素で維持するならこの方向性も有りだと思う。でもレンズを一からそろえないといけないのはちょっとね。
D3Xが仮に出たとしてもα900に始まり5D2の価格崩壊でαと同じCMOSなのにかたや30万以下でかたや50万以上というのは市場が納得しないでしょうね。
・来春にD300のマイナーチェンジ??ノイズ性能をブラッシュアップ。画素数は現状維持かな??秒間9コマ??15万円位??
・来夏??にはD3もマイナーチェンジかな??もちろんゴミ取り付けて画素数は据え置き??秒間10コマ、クロップ12コマで動態追従AFにやっと対応??35〜40万円位??

最近のニコンは他社の真似で追従しているのではなく、独自の道を先行して進んでいる感じがするので2460万画素の廉価機はないかな??むしろ1200万画素にポリシーを持って欲しい気もする。。。なんといっても私は1200万画素機を無駄に3台持っているもので(^^;

以上、鳥屋の意見を無視した私の勝手な想像で書いた記事ですのでこの通りにならなくても何も保証しませんよ(笑)なにはともあれこの先のデジ一の進化はもの凄く楽しみですね。


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします\(^O^)/


投稿者 shirou-miz : 22:28 | コメント (0) | トラックバック

2008年09月11日

SONY α900発表!!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking270.png

さあ、秋の新製品ラッシュですね(^^v
昨日、ニコンのCMOS供給メーカーのソニーからフルサイズ機のα900が発表されました。すでに噂はずっと前から先行していたので驚くほどの新鮮な情報ではありませんが主なスペックは以下の通りです。

・フルサイズ2460万画素
・ISO200〜3200(拡張で100、6400可)
・視野率100%のファインダー
・秒間5コマ
・9点AF
・92万ドットの3型液晶モニター
・カメラ内手ぶれ補正機能
・アンチダスト機能
・その他いろいろ・・・

このスペックでお値段はなんと実売で33万円くらいというから、同じ2000万画素級の1DS3ではなくD700や間もなく発表されるであろう5D後継機にライバル機としてぶつけてきたみたいですね。今までの感覚からするとこの画素数でこのお値段は驚異的ですが、ではこのカメラより高いお値段の1DS3やD3よりも画質では上を行くのかと思えば実際はどうなんでしょうね。

D3やD700並の高感度画質は??実際には高画素化の影響で輪郭強調のコンデジ画質になっていないか??1DS3やD3並の階調は得られるのか??オートホワイトバランスの出来は??など懸念材料がたくさんあります。そしてなによりもスペックでは分からないシャッターフィーリングにも興味ありますね。それらの条件が満たされていれば本当にソニー恐ろし!!ということになりますね。予想では年内には発表されるであろうD3の高画素版のD3X(仮称)にα900のCMOSが載るのではと言われているのでその出来映えが非常に興味深いです。

でもα900の公式サイトのサンプルを見るとちょっとがっかり。。。あくまでも私見ですが等倍で見ると1枚目のモデルさんは輪郭強調が強すぎるように見えるし(ごまかしシャープ仕上げか?)、2枚目のモデルさんの髪の毛は解像しているどころかベタっと潰れた感じに見えますね。この辺はレンズとの兼ね合いとかもあると思うので断定は出来ませんけどね。でもコシナではないツァイスのレンズが標準で付けられるのはすごく魅力。。。三角屋根の個性的なデザインは私的には結構好きですが賛否両論といったところかな?
どちらにせよこのカメラが果たしてフルサイズ市場の風雲児になるのか非常に楽しみです。

SONY α900(ソニーのHPより)

α900のHPへ


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:35 | コメント (0) | トラックバック

2008年09月06日

D700で初カワセミ

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking270.png

初カワセミとは言っても実は先週も撮っているんですけどね。。。カワセミの出があまりにも悪すぎてとてもとてもお見せ出来るような画が撮れなかったのですが、今回は前回より少しはましな状態だったのでやっとこさD700でのカワセミ初画像です(^^;

このカメラ、D3と全く同じ画が出てくると思いきや、発色の傾向がかなり違いますね。というかオートホワイトバランス(AWB)の出来がおそらくD3のより悪いのでしょうね。前回と今回で屋外で使った感想としてはグリーンに被る傾向があります。発色に関してはグリーンの発色が少々おもちゃっぽいかな?まだ2回使ったくらいでは断定は出来ませんが高感度ノイズに関してはさすがにD3と同等と見てよさそうです。
どちらにせよこのカメラはグリップ付けて長玉つけて、という用途で買った訳ではないのですが癖が分かるまでは鳥撮りで頑張って使おうと思います。

水モノ1

Nikon D700
焦点距離 850mm 600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/500秒
F値   6.3
ISO  400
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/09/06 10:58
トリミング

水モノ2

Nikon D700
焦点距離 850mm 600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/400秒
F値   6.3
ISO  400
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/09/06 12:00
トリミング

背中モノ(^^;

Nikon D700
焦点距離 850mm 600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/500秒
F値   6.3
ISO  400
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/09/06 11:02
大トリミング

おまけ
ピクセル等倍切り出し画像。うん、これくらい解像してくれればオッケーかな?


Nikon D700
焦点距離 850mm 600mm+1.4倍テレコン
露光時間 1/250秒
F値   6.3
ISO  800
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/09/06 08:37
等倍トリミング(左)、ノートリミング(右)

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 21:53 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月30日

D700テスト。。。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
piyoiranking.png

世に言う「ゲリラ豪雨」ってやつが一週間ずーっと降り続いていますね。日本列島もついに亜熱帯化か?なーんて思ってしまいますが、カワちゃんも悪天候にお付き合いして満足に撮影出来ない日々が続いています。買ったばかりのD700でのテスト撮影もまともに出来なかったので、南国の黄色い鳥さんと青い鳥さんに会いに遠征してきました。。。(おぃおぃ^^;)

ナノクリスタルコートのズーム24-70mmF2.8Gのレンズテストも兼ねてまずはピッピちゃん♀をノートリで。

Nikon D700
焦点距離 45mm(24-70mm F2.8G)
露光時間 1/40秒
F値   2.8
ISO  800
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
ノートリミング

ピヨちゃん♂は縦に大きくトリミングゥ!!

Nikon D700
焦点距離 48mm(24-70mm F2.8G)
露光時間 1/50秒
F値   2.8
ISO  800
露光モード M
Capture NX2 ver2.0→PhotoshopCS3
縦トリミング

ナノクリ24-70mmはピントが合ったところはカミソリですな。今まで使っていた18-200VRと比べてもさすがにボケとかシャープネスは全く別格です。さすがにお値段は3倍くらいするだけありますな。こちらは想像通り。

D700は画そのものはほとんどD3と同じだと思って良いでしょう。ただ発色の傾向が思ったより違うのでD3のサブとして使うには慣れが必要かもです。高感度も厳密にテストしたわけではないけど今回の画像のISO800でも全然ノイズレス。メーカーのISO400のサンプル画像が結構ノイジーだったので正直使ってみるまで不安でしたが杞憂でしたね。屋外で使った感じではオートホワイトバランスがD3ほど優秀ではなかったです。どちらかというとグリーン系に被っていたかな?D300はマゼンタ系に被ることが多かったのでどちらも出来は似たようなものですな。まあこれから使っていくうちに癖が分かってくるでしょ(^^;

別館「愛しのアカちゃん2008」も更新中(^^v


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 19:19 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月27日

D90発表!!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

正直このクラスのカメラが発表になったといってもこのブログの範疇ではないのですが(鳥撮りで使う人は少ないかな。。)一応管理人がニコンびいきということで更新です。

スペックはAPS-Cの1230万画素、秒間4.5コマ、ISO200-3200、顔認識コントラストAF(ライブビュー時)、11点AFでなんと3Dトラッキングも付けちゃいました。まさにD300のディチューン版といった感じの弟分が登場ですね。しかも今回の目玉はなんと動画撮影機能を付けてしまいました。Dムービーなるものでスチールカメラの大きなCMOSを生かしたボケ味のある動画が撮影可能みたいです。さすがにAFは効かないですがこれは楽しそうですね。今までカワセミのホバをビデオで撮ってみたいという願望がありましたから、いちいち高額で重たいビデオカメラを買わなくてもこのカメラでもお遊び程度だったら十分に楽しめそうです。D3やD300でホバを撮っていて静止画がお腹いっぱいになったら咄嗟にこのカメラに付け替えて動画撮影。。。なんて光景が浮かんできます・・・・ってそんなにたくさんホバするかいな??
それにしても昨日のキヤノンの50D発表の翌日にニコンが発表とは後出しジャンケンがお好きみたいですね(^^;

D90(ニコンイメージングより)

ニコンイメージングD90のページへ

お値段が5桁になったらビデオカメラとして欲しいですね。。。。おいおい(^^;

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします\(^O^)/


投稿者 shirou-miz : 23:37 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月24日

果てしない物欲。。。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

夏の遠征も一通り終了して、地元に帰ってきてもカワセミは大して遊んでくれず、もはやもぬけの殻の状態。更に追い打ちをかけて仕事も土曜、日曜と唯一の楽しい鳥撮り時間にはみ出して行く。。。そして8月にしてはシトシトと降るヒンヤリとした雨。。。そうとなれば、ええい!!っとばかりに日頃押さえていた物欲が久々に大噴火しました。え?良く買えるなって?? あはは、巷にはハチゴローとかいうデミオの新車が買えるような凄いレンズを買う御大尽が何人もいるのでこのレベルだったら可愛いものでしょ(^^; えっ??お前の収入を考えろって??そう実はかなりやばいんです(^^;

「覆水盆に返らず」。。。。。。。もうしばらくは買い物しないって心に誓ったのに(>_<)

レンズはともかくカメラのインプレッションは後日ね(^^;

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします\(^O^)/

投稿者 shirou-miz : 19:42 | コメント (6) | トラックバック

2008年08月08日

D3の復帰&バッファ増設

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

突然の故障により入院していたD3が10日ほどで帰ってきました。

交換部品はシャッター部組、グリップゴム、コネクター側ゴム、エプロン下ゴム部組、DG基盤部組1、シールド版、そしてバッファ増量対応シールということでした。(あとついでにCMOS清掃)
結局、シャッターが逝かれたということだったんですね。フラッグシップ機ともあろうものがこんなんじゃねぇ。。。でも修理して新しくなってシャッターの寿命が延びたからよしとしますか(^^;
今回はケガの功名?でついでにバッファも増設しました。今までの16枚から一挙に36枚(ロスレス圧縮RAW、14bit撮影時)に増量はカワセミの動態撮影にとっては強い武器になりそうです。16枚では少なすぎであっという間にバッファフルでしたからね。その点36枚は銀塩時代を彷彿させるバッファ数で好感が持てますね。

バッファを増設した様子は右側の表示がr36になっている以外はビジュアルではお伝えできません(^^;

ファームウェアの画面は右上にメモリーマーク×2の絵柄が表示されます。

コンデジでのお手軽撮影につき画像が見苦しいのはお許し下さい(^^;
さあ、次回の出撃が楽しみぞよ!! ・・ってカワちゃんホバするのかな??

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします\(^O^)/

投稿者 shirou-miz : 22:41 | コメント (2) | トラックバック

2008年07月31日

D3故障。。。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

ここ最近、メインで頑張ってくれたD3が撮影中に突然、ERR表示がでてシャッターが下りなくなりました。CFもバッテリーも変えてみたが一枚だけシャッターが切れてすぐにERR表示が出たままの状態。サブでD300を持ってきてたから撮影は事なきを得たものの、プロ用のフラッグシップ機がこんなんでどうする(怒)!!修理から戻ってきたとしてもこんなんでは怖くて1台だけでは出撃できませんね。しっかりしろ、ニコン!!

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします\(^O^)/

投稿者 shirou-miz : 21:05 | コメント (2) | トラックバック

2008年07月01日

D700発表!!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

みんなが待ちこがれたニコンのD3の中級機バージョンのD700がついに発表になりましたね。FXフォーマットの1200万画素まではD3と同じCMOSを使うだろうということで容易に想像つきましたが、連写速度がバッテリーグリップのMB-D10を装着するとD300と同じ秒間8コマというのには驚きましたね。(単体だと5コマ)外観はペンタ部がD3、下がD300といった感じでなんだかアンバランスな感じ。そのD3ばりのごついペンタ部に内蔵ストロボ付きとは一体なんじゃぁ〜??でもD300の安っぽいファインダーとは違ってさすがはフルサイズ機、しっかりとアイピースシャッターを付けてきましたね。あとダストリダクションもついにFXフォーマット機に搭載されました。
その反面がっかりなのが視野率95%のファインダー。この手のカメラは手持ちの風景撮影や鳥撮りでも風景的な引き画をノートリで撮影するのに活躍しそうなだけにこれはちょっとねぇ。。。自称DXフラッグシップ機のD300ですら視野率100%なだけに頑張って欲しかった。(視野率100%にするとかなりのコスト増しになるのはわかるけど)
重量は995g、MB-D10をつけるとD3より重そうですね。気になるお値段は某カメラ店にメールにて問い合わせたところボディ単体で29万円台、MB-D10付きだったらバッテリーやら充電器やら込みで35万円弱位かな?D3が42万円台に落ちてきているだけにどう考えてもグリップ無し単体で使うことに価値がありそうですね。D3並の低ノイズ画質がこの値段で手に入るなら買いでしょうな。でも発表から半年も経てば25万円くらいまで下がるかもしれないから我慢できる人は待った方がいいのかな。まあ私はこれ以上買えないし、触れたことももちろんないのでスペックのみでの想像評価はこの辺で。

NikonD700(ニコンイメージングより)


ところでクロップモードにしても秒間コマ速は一緒なんだろうか??


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 22:44 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月22日

Macな人。。。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

かねてから手に入れたいと思っていたMac proをついにゲットしました。今まではWindowsメインでMacはminiだけ所有していてブログのレイアウトチェック用に使っていました。AdobeRGBモニターを使いだしてからはWindowsのカラーマネージメントにかなり不満でしたがMacをメインに使うことによって表示色がすごく安定してきましたね。カラマネに関してはさすが定評のあるMacです(^^v
スペックはクアッドコアのIntel Xeonプロセッサ×2個の8コアをシングル4コアにCTOしたものでメモリーはデフォルトの2Gに増設2G×2を加えて計6GB。これだけあれば画像編集は十分でしょう(^^ HDDはデフォルトの320GBの他に作業スペースとして内蔵500GB×2をソフトウエアRAID0で組み、さらにバックアップ用に内蔵1TBを1台。合計2.3TBあるのでこれだけ保管庫があれば十分持ちそうです(^^;

巨大な箱。でも捨てれそうにないな。。。

頬ずりしたくなるような美しい筐体。DOS/Vマシンの様な機械臭さよりもどちらかというとお部屋のインテリアになる様なお洒落なデザインですね。

フタを外すとこんな感じ。DOS/Vマシンと違って中身をユーザーにあまりいじられたくないような作り。


巨大な箱を開けた瞬間に新車の様な甘い香りが・・・そしてちっちゃな説明書を開いてみると1ページ目には「おめでとうございます。このMac proはあなたに出逢うために作られたのです。」と書かれていました。こういった演出って結構嬉しいものです(^^


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せランキングベスト10!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:43 | コメント (5) | トラックバック

2008年04月11日

サンニッパVRデビュー!!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking250.png

今までのパターンだと「何かを手放すときは新たに何かを手に入れるとき」でしたが今回もまさにその通り。キヤノン時代に2度手放した経験がある「サンニッパ」を新たにラインナップに加えました。
正直、この手のレンズはカワセミ撮影ではヨンニッパがあるのでほとんど必要ないのですが、夏に向けての鳥撮り遠征ロードで手持ち撮影が必要になりそうなのでゴーヨンの代替えとして入手しました。あと夏鳥でスカった時の山中突入用かな?(笑)

このレンズ、とても人気があるのかどこのお店でも在庫切れで全く手に入らない状態です。メーカーにすら在庫が無いとも聞きました。そこで海外通販にて在庫を発見したので逆輸入。多少のリスクは懸念されましたが、昨今の円高のおかげもあって国内で購入するより一番安いところよりも3.5万円ほど安く購入できました(^^v しばらくはテスト撮影でしか使う機会が無いかと思いますが5月下旬から夏に向けての遠征ロードで活躍してくれそうです。

Nikon D3+AF-S VR Nikkor ED 300mm F2.8G


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せランキングベスト5!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 20:09 | コメント (0) | トラックバック

2008年04月08日

長玉への道(14)~さらば、ゴーヨン~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking260.png

先週、ニコンのゴーヨンことAF-S500mmF4II(ライトグレー)をオークションにて売却しました。このレンズを手放すかどうかは最後の最後まで悩み抜きましたが、結論としては今後はおそらく出番が無いので「売却」決定となりました。

私は昔から物持ちが悪くて必要ないと判断すると疾風の如くそのものを手放してしまいます。確かに愛着とか思い入れとかは十分にあるのですが、高額なモノほど使わないのに持っていても矛盾を感じるようになってしまうのです。「せっかく大枚はたいて買ったのだから持っていればそのうち必要になるだろう・・・」普通の人だったらこのケースがほとんどかと思いますが、安月給なくせに物欲を抑えきれず買ってしまった私にとっては使わなければ持っているわけにはいかないのです。まあ機材コレクターだったら話は別ですが。

前置きが長くなりましたが「ホバを呼ぶレンズ」として重宝したゴーヨンを手放す決定的な理由はヨンニッパ+1.7倍テレコンで十分に代用出来るからでした。もともと1.4倍テレコンを組み合わせて700mmとして使うことを前提としてゴーヨンを購入したのですが、ヨンニッパ+1.7倍テレコンの680mmの画質がD3、D300と組み合わせると極めて優れていることに気付いたのです。
この組み合わせでD2X時代に何回か撮影しましたがAFは極端にトロくなるわ画質はシャープネスに欠けるモノになるわで自分の中では非常用という位置付けでした。ところがD300と組み合わせて撮影してみるとなんだかロクヨン単体の様な描写なのです。AFもD2Xの時のような速度低下が感じられません。組み合わせるカメラによってこうも違うものかと驚嘆しましたが、これによって今まではほとんど使わなかった1.7倍テレコンが主力レンズに躍り出たわけです。なによりも描写の面でロクヨン+1.4倍テレコンよりも全体の線が細くカワセミの細部までの解像力があきらかにヨンニッパ+1.7倍テレコンの方が優れているように思えてならないのです。今までゴーヨンを必要としていたのはロクヨン+1.4倍テレコンの描写が今ひとつだったのでゴーヨン+1.4倍テレコンを主力にしてカワセミのホバを撮るためでしたがほぼ同じ画角のヨンニッパ+1.7倍テレコンがもっとも優れていることに遅ればせながら気付いたわけです。
撮る被写体によってはいろいろと見方が変わるとは思いますが少なくとも被写体までの距離が30mクラスのカワセミの写真を撮る上ではヨンニッパ+1.7倍テレコンは最強だと思います。これから徐々に暑い季節になっていって空気も密度が薄いものになっていきますがヨンニッパ+1.7倍テレコンの描写がどこまで頑張ってくれるか非常に楽しみです。

そんなわけでホバホバレンズとして君臨してくれたゴーヨン、短い間だったけど有り難う!!

在庫より

Nikon D300
焦点距離 700mm(1050mm相当)  500mm+1.4倍テレ
露光時間 1/320秒
F値   5.6
ISO  400
露光モード M
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/03/16 10:59
トリミング


その15に続く!?


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せランキングベスト5!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:29 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月26日

ヨンニッパ+1.7倍テレコンの描写

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking180.png

今までD2Xにヨンニッパ+1.7倍テレコンだとAFが遅くなって描写も今ひとつの印象がありましたがD300になってからこの組み合わせだと実に描写がいいんです。最近のニコンお得意のカメラ内の補正が効いているのかな?印象としては

1.ロクヨン+1.4倍テレコンより線が細くて細部の描写もしっかり解像している感じ。
2.AFもロクヨン+1.4倍やゴーヨン1.4倍テレコンより若干速い感じ。
3.今までベストな組み合わせと思われていたゴーヨン+1.4倍テレコンと同等の描写。いやこちらの方が上かな??(線はヨンニッパの方が細い感じ)

もともとヨンニッパは素の描写が良すぎるくらいのレンズなので1.4倍~2倍テレコンまで使えるのですね。そうともなるとホバホバレンズとして崇められたゴーヨンの出番がなくなってしまうかな?またまたリストラか??

ヨンニッパ+1.7の在庫より

Nikon D300
焦点距離 650mm(975mm相当) 400mm+1.7倍テレ
露光時間 1/320秒
F値   5.6
ISO  200
露光モード M
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/03/23 14:32
大トリミング(横辺4288→1749pix)
 


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せランキングベスト5!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 23:26 | コメント (2) | トラックバック

2008年03月25日

鳥撮りデカバッグ!?

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

最近加わったニューアイテムです。その名もFoxFire「フォトレックピクシス」。
内寸31×H52×D20のとっても巨大なバッグ。まさにポリバケツの様です(^^; これにD3、D300の2台にロクヨンにテレコン2個に14-24mmのズームに朝ご飯と昼ご飯とカップラーメンと予備バッテリー2個が余裕で入ります。ロクヨンにD3をつけたままでもすっぽり入っちゃう(^^v ただしテレコンつけるとパッドを取らなければ入らないので強度が少し弱くなってしまいます。これよりさらに大きいヤツもあるみたいだからそれをフィールドに持ってきたらヒーローになること間違い無し??(さすがにシグマのサンダーバードは入らないだろうけど^^;)

フォトレックピクシス


FoxFire
http://www.foxfire.jp/catalogue/photrek/sack/index.html

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せランキングベスト5!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 23:19 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月11日

D3のクロップについての考察

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

一昨日のホバ撮影でD3のクロップモードで爆速11コマをテストしてみました。実際に使った感想としては
1.クロップ枠のマスキングされている面積がD2Xに比べて広いので、ホバリングしているカワセミをフレームに入れづらい。(要はファインダーが超狭い)
2.AFは最初の1コマ固定となり追従しない。再度AFボタンを押す必要がある。

3.ファインダー内で何が起こっているのか良くわからない。(さすがにブラックアウトが長い)

4.あっという間にバッファフルになるがその後もストレス無くシャッターが切れる(SanDisk DucatiEdition8GB使用)
5.とにかくもの凄い爆音。まさにマシンガン。周りの人達に良くも悪くも注目されますぅ(^^; 

6.超気持ちいいフィーリングで今までシャッターを満足に切れなかったストレスが発散出来る(笑)

AFは要するに秒間10コマ以上は追従しないので押し直す必要がありますが、その分タイムラグが出来るので結局9コマで撮っているのと撮れる枚数はたいして変わりませんね。1のファインダーに入れるのはすぐに慣れそうですけどね。

私的にはデータを軽くしたい時やカワセミが遊んでくれない時が続いてストレスが溜まっている時のお遊びモードかな?でも9コマで撮っていると同じ羽の形にシンクロすることが多いので11コマは案外と必要かもしれませんね。ファームアップで10コマ以上に追従出来るようにならないかなぁ。無理か・・・


サンプルは2段ホバの2段目です。1段目のホバで44連写した後、3.6秒後に2段目を撮影開始。この時点でバッファは完全に開放されていなかったのでバッファは15枚でフル。その後、秒間約4コマペースで9枚連写の計24枚。さすがに500万画素ともなるとバッファが稼げますね。

ホバホバ24連射 *別ウインドウでクリック願います。
DXクロップ11コマ D3+850mm(600mm+1.4テレ) 1/400秒 F6.3 ISO200 

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せランキングベスト5!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
       ここをクリック ポチッポチッ!! ご協力宜しくお願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 21:15 | コメント (3) | トラックバック

2008年02月27日

超広角ズーム。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

新たに超広角ズームAF-S14-24mmf2.8Gを導入しました。鳥撮り以外でのレンズにさほど投資出来ない状況だったのですがFXフォーマット導入を機にニコンの短い玉が少なかったのとこのレンズの描写に惚れ込んでです(^^;

まだこのレンズで撮る被写体がないので(風景で使用予定)とりあえずD300さんにモデルになって頂きました(^^;

24mm開放f2.8

中心をピクセル等倍トリミング

Nikon D3
焦点距離 24mm
露光時間 1/1250秒
F値   2.8
ISO  400
露光モード M
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3

14mmf8

周辺付近をピクセル等倍トリミング

Nikon D3
焦点距離 14mm
露光時間 1/500秒
F値   8.0
ISO  400
露光モード M
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3


真ん中の描写が良いのは当たり前として、このクラスのレンズは周辺画質は殆ど期待できないのですが、トリミングしてみてびっくり。f8まで絞っているとはいえきちんと解像してくれています。しかもいやみも歪曲がないのがなんだか信じられない感じ。D3との組み合わせで収差等の補正が入るので素の状態はわかりませんが、今までの広角レンズの常識を覆すレンズと言っても過言ではありません。さらに開放で撮影しても周辺減光がさほど気にならないレベルなので開放のボケを活かした描写が楽しめそうです。こんなすごいレンズを作ってしまったニコンは今後も楽しみですなぁ。(うぅぅ財布にやさしくない・・・)

ランキング急上昇御礼!!
ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 23:00 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月26日

D3の解像感。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking130.png

本来なら「解像度」といきたかったところですが「解像度」とは画素数、すなわち画像の大きさになるのでそれは数値で答えが出てしまっているので、ここでは数値では表せない「解像感」にこだわって取り上げたいと思います。いくら解像度の高い画像でも映像エンジンの処理によってノイズレスだけど解像感に乏しく塗り絵っぽくなったり、ノイズ感はあるけど解像感があったりと様々な味付けになります。
とりわけカワセミのようなちっちゃな被写体となると後者の方がいいのですが、ノイズは無いにこしたことはありません。
D3に関しては発売になるまで私は前者のようなノイズレスだけど解像感はどうだろうという疑問があって予約を取り消したのですが発売以降、このカメラのカワセミの画をみて購入を決意しました。そう、ノイズレスで且つ解像感がある画を吐き出してくれたからです。確かに1200万画素ですから「解像度」では昨今のデジタルカメラの中でもごく普通のスペックですが「解像感」に関しては名機D2Xのスピリットを見事に受け継いでくれていました(^^

ノートリの元画像と横辺900pixにピクセル等倍トリミングした画像です。ここまでトリミングしてもカワセミの毛のフサフサ感が出ていると思います。 *画像大につき別ウインドウでクリック願います。

Nikon D3
焦点距離 850mm  600mm+1.4倍テレ
露光時間 1/160秒
F値   6.3
ISO  400
露光モード M
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/02/23 12:44

ランキング急上昇御礼!!
ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 22:31 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月24日

D300高感度テスト

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking190.png

今日は暴風の中、強行出撃しましたが、案の定ホバ太郎君はじっとしていてこれといったアクションも起こさず。この悪天候の中、心配していただけにホバ太郎君の無事を確認しただけでも収穫でした。

そこでじっとしているホバ太郎君でD300の高感度テストをしてみました。条件はISO200~拡張6400まで露出量を一定にしてRAWで撮影。CaputureNXでピクチャーコントロールをスタンダードにしてからPhotoshopCS3にてトリミング。等倍画像では大きすぎるので横辺4288→600pixにスーパートリミング。リサイズ無しなのでピクセル等倍画像です。レタッチは一切無し。カメラ側の高感度ノイズ低減もOFF。(ONにするとD300はISO800から効くようになる)

使用機材:D300+600mm+1.4倍テレコン マニュアル撮影 ISO200時 ss1/500秒 F値5.6(ISO6400のみF8.0)
                           
元画像(ISO1600)

高感度比較画像(NR-OFF) *別ウインドウでクリック願います

小さい被写体をそのまま抜き出したような超トリミングですからISO200~800は申し分ないですね。ISO1600もかなり使えそうなレベルです。ノイズ低減OFFの状態を差し引けばISO3200だって周辺トリミングレベルであれば使えそうです。ISO6400はやはり拡張ですから非常用かな?それにしてもD3ばかり高感度ノイズ性能騒がれているけどD300だって十分、高感度使えますね(^^v


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 18:21 | コメント (4) | トラックバック

2008年02月21日

D3のCMOSゴミ対策

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

神機と呼ばれるD3もダストリダクション(ゴミ取り)は装備されませんでした。ニコンはD2Xが殆どゴミに悩まされないで済んだのでD3も同様に大丈夫だからダストリダクションは装備されなかったのだろうと思いきや、3000ショット超えて画像を見たらゴミの嵐。もちろんF16まで絞り込んでの話ですがこれはひどすぎる(^^; CMOSが大きい分、ゴミが付着しやすいのがD3の最大の欠点だったのですね。おそらくフルサイズのCMOS入れてスペースに余裕がなくなって機構上、ゴミ取りを入れるのは無理だったのかなぁ。
ニコン純正のクリーニングキットは高いのでサードパーティー製のCMOSお掃除キットを買って自分でドキドキ緊張しながらお掃除してみました。

手順としては
1.カメラ本体にACアダプターのEH-6を接続。(バッテリーの残量が少なくなるとクリーニングミラーアップしなくなるため)
2.付属の棒にナノワイパーを巻き、ペーパーの先端が1.5センチほどはみ出るようにする。
3.クリーナーをほんの少々つけて(ここがポイント)いよいよCMOSに接する。
4.一方向に軽く拭くようにして同じ所を往復しないようにする。(先端のはみ出た部分を利用してCMOSの端や角もムラがないように拭き上げる)
5.細い棒に同じようにナノワイパーを巻き付けて今度はから拭きする。(要領はクリーナーをつけた時と同じ)
6.最後に拭き上げ時に出来た少量のゴミを逃がすように拭き取る。(ここが一番難しい)
7.カメラのマウント側を下向きにしてブロアーで吹く。(あまり強く吹きすぎるとCMOSの裏側にゴミが入るので注意!!)
8.絞り込んで(f16くらい)テスト撮影して納得いくまで綺麗にする。(ここで時間がかなり経っていることに気づく^^;)

私の場合は拭き取り3回ほどである程度綺麗になりました。f16まで絞っても等倍拡大しなければゴミは全く分からないレベルになったのでここで妥協です(^^; 等倍拡大して完璧なレベルにしようと思うとキリがありませんので。。。


使用機材はHCLのデジタルクリーニングセット(実勢価格1600円くらい)とACアダプターのEH-6(ニコン製)とジャンボハリケーンブロアー。


もう1回CMOS清掃をやりたいかと聞かれるとちょっとネ・・・・・(本音) 不器用ですから(爆)


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 22:59 | コメント (4) | トラックバック

2008年02月15日

D3とD300のノイズ比較

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking(shimafukurou).png

この2機種は何かと高感度のノイズ性能が良いと騒がれていますが、果たしてD300とお値段がD300の倍以上するD3とではどれくらい違うのか、よく使う可能性のあるISO1600で検証してみました。

条件は2枚の写真とも横辺1000pixになるように等倍トリミング。PhotoShopCS3でのレタッチは基本的に無しだがD300の画はD3の画の明るさに合わせるために少々露出調整。シャープ、ノイズ低減は無し。
2枚のレイヤーを貼り合わせたものを少々リサイズ。(横辺1000pix→750pix)


上の画像
Nikon D3
焦点距離 400mm
露光時間 0.62秒
F値   3.2
ISO  1600
露光モード M
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
ライブビュー撮影

下の画像
Nikon D300
焦点距離 400mm (600mm相当)
露光時間 1/2秒
F値   3.2
ISO  1600
露光モード M
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
ライブビュー撮影

こうやって等倍でみるとD300もかなり頑張っているがやはりD3に質感でかなわないですね。D300は少々のトリミングだったら大丈夫だけどD3は明らかに等倍トリしてもディティールが破綻していないですね。ノイズも同じトリミング量にも関わらずD300の方が粒が大きい印象。
まあ、あくまでも等倍にトリミングした場合なのでWeb用の800×533pixサイズの画像程度や2L判印刷程度だったら十分D300でもいけそうな感じですね。お値段を考えるとD300ってトータルバランスが素晴らしいですね。

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 22:43 | コメント (4) | トラックバック

2008年02月06日

D3への道(2)~モンスターカメラD3~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking190.png

(その1からの続き)
私の撮影仲間でD3を購入した人がいました。「どうせカワセミを撮ったってちっちゃいだろうし超トリするにも無理があるだろう・・」横で私はD300を構えながらそう思っていました。ところがそのD3ユーザーの人は面白いようにカワセミの水面トビモノをバシャバシャ連写します。その連射音のしびれること・・・「ここまで気持ち良く連写するということは余程AFが面白いように追従するのであろう・・・」そう思って私はD3で撮った画を見せてもらいました。等倍拡大して液晶モニター見せてもらうとそこには驚愕の画像が待ち受けていました。「え???」予想以上の解像感に言葉を失ってしまいました。それはとてもDXサイズで500万画素とは思えない解像感だったのです。もちろんきちんとバチピンブレ無しで撮れる撮り手の技術もあってこそなのですが。
思えば一世代前のD2Hも400万画素で今で言えばケータイのカメラ並みの画素数しかなかったのですが、吐き出す画はとても400万画素とは思えない解像感のある素晴らしい画でした。またこの画素数にもかかわらずノートリでA3ノビプリントをしたものを見せてもらったことがありますが、まったく問題なくプリントされていました。このD3もおそらくコンセプトはこの「D3H」なのではないでしょうか。数値では語れない凄さ、これがD3なのだと思いました。今まではプリント解像度は300dpi以上なければダメだとか銀塩はデジタルに直すと2000万画素以上だとかこういった「数値」に踊らされすぎていたのではないでしょうか。画質とは数値だけではわからないから面白いんでしょうね。むしろコンデジを筆頭にひたすら画素数アップにひた走るデジタルカメラ市場で画素数を極端に欲張ることなくノイズ性能などのバランス重視したカメラをじっくり作り上げたニコンを改めて見直してしまいました。

ということは当然、この素晴らしいフラッグシップカメラを私も持っていなければ気が済まなくなったのです。しかし欲しい態度を仲間に見せるとまたまた強烈な買え買え光線を発してくるので、ず~っとD3には興味がないふりをしていました。そして2月には高ISO&DXより広い画角を必要とする撮影機会があるのでこれをきっかけに手に入れようと思ったのですがあまりにもそのお値段は高すぎました。そこで出番はすっかりD300に奪われてしまったがとても愛着ある名機D2Xを売却する決心がつきました。でもまだ遙かにD3を買えるお値段には達しない・・・するとふらりと在庫有りのカメラ屋さんに寄ってしまったのです。「本日2台だけ入荷しました。でもこの勢いだとすぐに売れてなくなってしまいますね。」「ううっ、これを逃すと次の入荷はまだ先になってしまうのか・・・」「ただいま低○○キャンペーンをやっております。○○払いだと・・・・」すると私が良く利用する企業さんのお名前が出てきました。そして頭の中が真っ白のまま用紙にサインをしていました。そして10分ほど経って電話がかかってきて「いつもの口座でよろしいですね」とお姉さんの優しい声で確認されて、思わず「ハイ、よろしくお願いいたします」
家に帰る前にこの大きなカメラを包んでいる巨大な箱はまず車のトランクにて隠ぺい工作。その後ブツを家に運び込んで私以外に誰もいない部屋で箱を開けて開封したのはその2日後でした(^^; とりあえずD300とは全く違ったコンセプトのカメラを持つことで今までとは違った画作りをしてみようかなぁなんて思う今日この頃なのでした。(終)


ISO3200で撮影(ソフトウエアによるノイズ低減処理はなし)

Nikon D3
焦点距離 46mm(69mm相当)
露光時間 1/60秒(VR-ON)
F値   4.5
ISO  3200
露光モード M
ピクチャースタイル モードII
AF   51点3Dトラッキング
高感度ノイズ低減  ノーマル
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/02/02 21:01
DXクロップ、周辺トリミング


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 22:22 | コメント (6) | トラックバック

2008年02月05日

D3への道(1)~フラッグシップD300~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking160.png

一昨日、新たに加わった新兵器D3をデビューさせました。このカメラに関しては8月の発表時に興奮した私は同時発表のD300には目もくれず13時の発表から1時間も経たないうちにカメラ屋さんにD3の予約を入れました。しかしその後冷静に考えてみるとカワセミのような小さな鳥さんを撮るにはフルサイズのD3では不向きだと考えるようになりました。その頃通っていたフィールドでは被写体までの距離が近くて30メートルという状態だったのでそこそこの大きさにトリミングするとピクセル数不足になることが目に見えていたからです。フルサイズに1200万画素は画素ピッチに余裕があるので扱いやすく当然高感度のノイズも少なくすることができるのですごくバランスの良いカメラだということは分かっていたのですが、この素子の1.5倍相当にトリミングした状態で1200万画素あるD300がカワセミ撮影に関してはもの凄く魅力的に思えてきたのです。D2Xと比較してもクロップ無しで8コマ出せるD300が中級機+αのお値段とくればD3よりもお財布にやさしいですからこれはD300を買わない手は無いと思い始めたのです。同じ画角で1200万画素と500万画素・・・こんな単純比較で私はD300の購入を決めD3の予約をキャンセルしました。
そして予定通りD300が発売になり、そのあまりにも素晴らしい出来の良さにD2Xの出番が無くなってきたわけです。液晶モニターは恐ろしいほど見易くなり、AFはD2Xと比べて遠くの細い枝にもバッチリ合うほど精度が高く、ハイライトこそ大幅には変わらないものの階調性能は格段に上がり、オートホワイトバランスも大きくは外さなくなり、そして肝心の解像感は高感度ノイズを少なくしている割にはD2Xに引けをとりません、というかそれ以上かもしれません。すると今までメイン機fだったD2Xはどうしたことでしょう。あれほどメインで活躍していたのが嘘のように出番がなくなってしまったのです。D2Xに有ってD300に無いもの・・・それはISO100での画質のみです。確かにD300はDXフラッグシップと言っても外装の作りは中級機のD200とさほど変わりませんからD2Xの方がグリップ感やらレリーズ感はさすがフラッグシップ機だなと感じさせるものはありますが、出てくる画はさすがに新しいだけにD300の方が数倍も上を行っていると思います。D300の出来の良さはD2Xを売却してもう一台D300を買ってもいいやと思わせるほどだったのです。しかし同じカメラを2台持っていてもつまらないと一瞬思ったことが当初の私の考えを微妙に狂わせてしまったのです(その2に続く)


在庫より

Nikon D300
焦点距離 700mm(1050mm相当) 500mm+1.4倍テレ
露光時間 1/160秒
F値   6.3
ISO  200
露光モード M
Capture One 4 Windows→PhotoshopCS3
撮影日時 2008/01/14 10:19
大トリミング


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 22:24 | コメント (4) | トラックバック

2008年01月04日

D300と相性の良いCF

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking240.png

いやあ、驚きました。こんなにもD300と相性の良いCFがあったなんて・・・今までUDMA対応を謳っているレキサーProfessional 300×が最強だと信じて疑わなかったのですが撮影仲間の薦めもあって買ってみたサンディスクExtreme DucatiEdition(ドカティエディション)がこんなにもちょっぱや~なんて・・・

とりあえずテスト結果です。(D300黒蓋撮影、ss1/500秒、ロスレス圧縮RAW、12bit、ISO200、補正系無し)

●レキサーProfessional 300×

バッファ19枚、バッファフルからの開放時間 19秒

10秒間に撮れる枚数 39枚

●サンディスクExtreme Ducati Edition(ドカティエディション)

バッファ21枚、バッファフルからの開放時間 21秒

10秒間に撮れる枚数 48枚


ほぼ同じお値段でこれは大きな差と言えるでしょう。しかもバッファフルになってからの連写がレキサーだとシャッター音が一旦止まりますがサンディスクだとほぼエンドレス連写状態。ズバババババババ~ッ・・・・・・・ズババ、ズバ、ズバ、ズババ、ズバ、ズバ、ズババ・・・・・・ってな感じ(^^; D300でレキサーを使っている人は是非これも買いに急ぎましょう!!(・・と物欲を促してみる)

Amazon.co.jpより

2008年もポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 22:12 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月15日

D300インプレッション

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking88.png

デビューさせて早くも1ヶ月近くが経とうとしているD300ですがこのカメラは思ったよりカワセミ撮影に関してかなり使えるカメラだということが分かりました。いや、それどころかこのままメインで使うことが濃厚です。まずD2Xに比べて良くなった点は

1.液晶が3型に拡大されて非常に見易くなった、しかもVGAなのでとても美しい。
2.UDMA対応になったのでバッファは画素数の少ないD2Xのクロップに劣るが同じ時間に撮れる枚数が圧倒的に多くなった。
3.ファインダーが巨大な?測去点表示がなくなりとても見易くなった。またD2Xの時と違ってそのまま8コマ出るのでクロップ枠にとらわれずファインダーをフルに使うことが出来る。
4.なんといってもAF。メインで使う中央1点がかなり精度がアップしている。カワセミの水面トビ撮影の分母が上がった。
5.新しい3DトラッキングAFは状況によっては使える。意外にトビモノに追従することがある。しかしホバの時にこの設定だと悲鳴モノ。。。(羽の動きにAFがシンクロしてしまう)
6.秒間コマ速(MB-D10使用時)が実質8.5~9コマ出ている感じ。
7.オートホワイトバランスも良くなっています。連写途中で色が変わることはありません。
8.D2Xより階調性能は上がっています。これは12ビット時でも同じです。D2xと比べて色に違和感があるのは階調豊かになったせいもあるかと思います。
9.なんと言ってもコストパフォーマンス抜群。Mark3より画素数が上で他の機能もさして劣っていないのに約半額のお値段!!

などなど上げるとキリがなりくらい良いカメラだと思います。ちなみに私の仲間はキヤノンメインの人が3人購入しました(^^;


このように水面モノはAFがD2Xだと最初から来ないことが多かったですがD300は確実にチャンスを増やしてくれます。(でも被写体をしっかりと中央で捉え続けなければダメよ。。)

Nikon D300
焦点距離 850mm(1275mm相当) 600mm+1.4倍テレ
露光時間 1/500秒
F値   5.6
ISO  200
露光モード M
ピクチャースタイル モードIII
AF   中央1点
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
撮影日時 2007/12/15 11:31
トリミング

近いホバも。。。

Nikon D300
焦点距離 850mm(1275mm相当) 600mm+1.4倍テレ
露光時間 1/200秒
F値   6.3
ISO  200
露光モード M
ピクチャースタイル モードIII
AF   中央1点
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
撮影日時 2007/12/15 09:29
トリミング

次回は不満点特集かな?

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 19:44 | コメント (2) | トラックバック

2007年12月05日

D300の14ビットRAWは使えるか?

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png

昨今のデジタル一眼レフはEOS-1Dmk3を皮切りに14ビットRAWを搭載してきました。高画素化が進む中で画素数アップだけにとどまらず階調性能にも力を入れて来たのがうかがえます。D300もD3と共にこの14ビットRAWをニコンで初めて搭載してきたのですがデフォルトで12ビット、切り替えて14ビットという形で搭載されました。ただし1D300だけに限って言えば4ビットに切り替えると秒間2.5コマとコマ速が激減するのでこれはまったりと止まっている鳥さん用かなとも思います。そこで前回出撃したときに至近距離にホバ太郎君が止まってくれたので12→14ビット切り替えで撮影してみました。

2枚とも同じ条件で撮影。

Nikon D300
焦点距離 700mm(1050mm相当) 500mm+1.4倍テレ
露光時間 1/160秒
F値   5.6
ISO  200
露光モード M
ピクチャースタイル スタンダード
AF   中央1点
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
撮影日時 2007/12/02 左側が14:09/36 右側が14:10/28
縦トリミング

CS3でのレタッチはトリミング、リサイズ、ノイズ低減少々のみ。条件を同じにするために1枚目のレタッチをマクロ記録させて2枚目に適用。

2枚の画を比較して感じたことはこの場合、12ビットの画は14ビットに比べてややグリーンに被っています。14ビットの画はキャリブレーションした後のモニターで見たような違い。なんとなく色味がシャキッとしているように感じます。ハイライト(カワセミの白い部分)に関してはこれで見た限りでは違いがあまり分かりませんね。2枚の画の撮影時間の差は52秒ありますのでその間に光線の条件が十分変わっていることも考えられますので12ビットと14ビットの差なのかは分かりかねますが14ビットの画の方が階調豊かに見えますね(・・・のような気がするだけかな?)
所詮私のような素人目にはわからない違いなのかもしれませんが高速連射を必要としないシチュエーションだったら使ってみる価値は大いにありそうですね。また機会があったらテストしてみますぅ。

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:59 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月28日

D300とUDMA対応CF

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking33.png

今回のD300の目玉の一つが画像データの高速転送「UDMA」への対応です。今までのD2Xではクロップ時には高速書き込みをしていてバッファもカタログ値で29枚と軽快な動きをしておりましたがこれがノンクロップ時になると途端に鈍足になります。D300はD2Xのノンクロップのスペックに秒間8コマが売りですのであとはメディアへの書き込みが如何なるもの注目されていましたが、このUDMA転送は果たしてどこまでスピードが上がるか興味深いですね。そこでレキサーのUDMA対応300倍速のCFを新たに購入してテストしてみました。

メディア: Lexar Professional UDMA 8G 300x 、Transcend 8G 266x
使用機材: Nikon D300、D2X+Ai Nikkor 35mm f1.4
撮影条件: シャッター速度1/160秒 
        絞り値F2.0 
        ISO200 (D2XはISO100) 
        MB-D10使用、秒間8コマ
        ノイズリダクションオフ

D300(ロスレス圧縮RAW)
Transcend 8G 266x  バッファ17枚、バッファフルからの開放時間20秒
                     10秒間に撮れる枚数 27枚
 
Lexar Professional 8G 300x バッファ18枚、バッファフルからの開放時間18秒
                     10秒間に撮れる枚数 35枚


D300(圧縮RAW)
Transcend 8G 266x  バッファ20枚、バッファフルからの開放時間22秒
                     10秒間に撮れる枚数 29枚
 
Lexar Professional 8G 300x バッファ21枚、バッファフルからの開放時間21秒
                     10秒間に撮れる枚数 41枚


D2X(ノンクロップ)
Transcend 8G 266x  バッファ18枚、バッファフルからの開放時間25秒
                     10秒間に撮れる枚数 23枚
 
Lexar Professional 8G 300x バッファ18枚、バッファフルからの開放時間25秒
                     10秒間に撮れる枚数 23枚

D2X(クロップ)
Transcend 8G 266x  バッファ32枚、バッファフルからの開放時間35秒
                     10秒間に撮れる枚数 38枚
 
Lexar Professional 8G 300x バッファ32枚、バッファフルからの開放時間30秒
                     10秒間に撮れる枚数 39枚

ふ~む、こうやって比べてみるとD300ではバッファや開放時間はたいして差がないですが書き込み枚数は10秒間で10枚くらい差がでますね。この結果だけ見るとD300(圧縮RAW)で10秒間に撮れる枚数はD2Xのノンクロップ時と同じ画素数で、それよりも低い画素数のクロップ時よりも2~3枚は多く撮れることになります。D2X自体ははUDMAに対応していないのでほとんど差が無し。クロップ時の開放時間が若干短縮出来る程度かな?
今回のテストはあえて晴れと曇りの日の平均をとって1/160秒にしましたが1/640秒でもほとんど一緒でした。また個人で勝手に計ってますので誤差があるかとは思いますのでテスト結果は参考程度にとどめておいて下さい。また被写体によってデータ容量が違いますので差が大きく出ると思います。

このUDMA対応のCFはカワセミのホバ撮影の時に5秒ホバだったとしても5枚以上撮れる枚数の差が出るのでこれは買って良かったです。(お値段が少々張るけど・・・)

ついでにISO3200のサンプル(^^;  (ノイズリダクションオフ)


それにしてもテストで無駄打ちをたくさんしてしまったのでもう早くも3000ショット逝ってしまった(^^;


このテストの結果が少しでも役に立ったという方もそうでない方もポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:03 | コメント (3) | トラックバック

2007年11月26日

D300の解像感と発色

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking55.png

3日間で撮ったD300の画像を色々と現像してみました。当初、低ノイズ化で懸念された解像感も昨日のホバの画像とこの画を見る限りではD2Xとほぼ同等だと思います。実際は低ノイズ化といっても基準感度のISO200でも結構ザラザラしています。このノイジーな感じがD2XだとISO100を超えると途端に加速しましたがD300はそれが緩やかになって高ISOもとりあえず使えるよといった感じです。私の撮り方だとやはりISO200より上にはしたくないかな。その分解像感を犠牲にしなかった味付けは個人的には非常に喜ばしい限りです。
あと発色に関してですがホワイトバランスの関係もあるかとは思いますがどうしても赤味が強い発色になってしまいます。この赤色を弱くすると色全体がおかしくなるので非常にバランスの取りにくい発色だと思いました。カワセミの現像に関しては徐々にコツを掴みかけているのであと一息といった感じかな?オリジナルのピクチャースタイルを作成したのでこれに少々の作業を加えればD2XのモードIIIaの発色に近づくと思うので頑張って煮詰めて行きたいと思います。でも理想はデフォルトからいじらないことですからD2Xはやはり手放せませんね。他のカメラを使うとこのカメラの良さが良くわかります。えっ??AFやホワイトバランスやダイナミックレンジは別ですよ(爆)

羽が爆弾だけどサンプルとして使わせてもらいます(^^;

Nikon D300
焦点距離 700mm(1050mm相当) 500mm+1.4倍テレ
露光時間 1/320秒
F値   5.6
ISO  100
露光モード M
ピクチャースタイル オリジナル
AF   中央1点シングル
Capture NX ver1.3→PhotoshopCS3
撮影日時 2007/11/25 11:44
大トリミング


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 23:18 | コメント (3) | トラックバック

2007年11月13日

D300&D3試してきました。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking(yamasemi2).png

昨日、都内のニコンサービスセンターに行く用事があり発売間近のD300&D3をいじってきました。

今回はD300を予約したとあってほとんどD300主体で色々と試してきたのですがどちらも今までになかった新しいカメラだなというのが正直な感想です。特に驚いたのが92万画素の3インチ液晶モニター。これは文章で表現するのは難しいですがとにかく見栄えが素晴らしい。これだったらPCに取り込まなくてもだいたい撮った画の判定が出来るものと思われます。ライブビューでのピント合わせもしやすかったです。ただ液晶の見え具合は実際にPCに画像を取り込んでみたら露出が液晶で見たのと全然違っていたなんてことも無きにしもあらずなのでこの辺は実際に使ってみないと分からないですね。

今回は残念ながら画像の持ち帰りが出来なかったのですが、暗部のノイズ特性をみたいと思い実際に室内から夜景が見える窓を写してみました。D300は基準感度のISO200はやはり想像通り。夜空に光源がある付近にノイズが載っています。でも50%拡大だったらほとんど気になりません。減感のISO100はのっぺりした感じですが同じ場所のノイズはかなり無くなっています。こちらの方が想像以上に綺麗でした。但しISO100は-1.0EVの減感なのでラチチュードが1段程狭くなるのが欠点です。一通りのISOをテストしましたがISO800はおろかISO1600もリサイズすれば普通に使えそうな感じでした。但し大きくトリミングするような鳥の写真には要レタッチ技術だと思います。

今度はD3を試してみるとこちらの高感度特性はやはりすごすぎ。モニターでみた感じだとISO1600を等倍でみてもあまり気にならないような感じでした。ISO6400は拡大するとかなりノイジーですがトリミングや大伸ばしをしない用途だったらなんとか使えそうな感じがしました。両機ともあくまでも液晶モニターで見た場合の話になってしまいますがね。

あと気になるD300のバッファですが圧縮RAWで想像以上の21コマとのこと。14ビットで連写が下がるので27コマ。D2Xのノンクロップが17枚だったのでこれは大きな進化だと思います。バッファに関してはカタログデータでは記載されていなかったのでこれが分かっただけでも収穫でした。バッファの開放も測ってはいませんがD2Xより速く感じました。なんせカワセミのトビモノやらホバ撮影では生命線になるものですからね。
来月にはこの2機種がフィールドで出回っているでしょうから実際の私を含めた皆さんの写真を見るのがとても楽しみです。

D300(ニコンイメージングより


それにしてもD3はでかかったなぁ~(^^;


今回の記事が少しでも役に立ったと思われた方もそうでない方もポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 22:02 | コメント (2) | トラックバック

2007年11月05日

「戦え!ニコンD3」・・・。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking110.png

面白い動画を見つけました。もうご覧になった方も結構いらっしゃることとは思いますが(^^;

「戦え!ニコンデジイチD3」(歌:初音ミク) YouTubeより

ついでに
「Nikon D300のシャッター音」 YouTubeより


あはははは、でもカワセミ撮影と戦うのは私にとってはちと厳しいかな?

この動画を見て爆笑された方はポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 20:50 | コメント (3) | トラックバック

2007年10月31日

D3や~めた!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking180.png

さてニコンファンが待ちこがれていたD3&D300の発売日が発表になりました。D3が予想通り11/30、そしてD300が予想外の11/23となったわけですが、ニコンお得意の「発売延期」は600mmVR、500mmVRが1月に延期になった程度でした。(でも実際発売されるまではわからないけどネ)
かくいう私は8/23の発表と同時にその勢いから何も考えずにD3を予約したわけですが2ヶ月間悩み抜いた末、予約をキャンセルすることになりました。理由としては

・フルサイズ1200万画素はやはりカワセミのような小さな鳥には役不足、D2Xのような感覚でトリミングしていくと画素ピッチの関係からピクセルが飛び出してきてしまう(爆)

・高ISOは必要なし。

・メインでは使うことはないがたまに使うカメラにしては高すぎる。

・後に控えている高画素版D3X?が出てから後悔するような気がする。

ということです。でもフルサイズにはそれ相応の良さがあるのは5Dで経験しているのですが、やはりトリミング派の私にとってみればやはりどう考えても出番がないかもしれませんね。でもせっかくの新機種登場ですからD300はすでに予約しておりました(爆) このカメラはあまり画質は期待はしていないのですが新しい機能(ライブビュー、3Dトラッキング、92万画素液晶モニター、AF調整機能など)は是非とも使ってみたいのでD2Xのサブカメラとして活躍してもらう予定です。でも個人的な意見を除けばD3は本当にバランスのいいカメラではないかと思います。このカメラに新しい14-24mmのレンズをつけて風景をとってみたいと思うのですが鳥メインの私には高すぎて買えませんな(^^;


ニコンイメージングより


ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 22:12 | コメント (5) | トラックバック

2007年09月30日

D3はカワセミ撮影に使えるか?

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

昨日は仕事、今日は関東地方ではあいにくの大雨と久しぶりに鳥撮り無しの週末となりました。そこで休み中に家で考えていたのはニコンから登場する予定の例のデジ一2機種。D3を予約したものの果たしてカワセミ撮影で出番があるのか?最近のホバホバ撮影で思ったことはD2Xのクロップ画角に慣れてしまっていてそれでもなお1.7倍テレコンを入れてでも大きく撮ろうとしている中で果たして被写体の大きさが半分になってしまうフルサイズ機は果たして必要かということです。大きな被写体を撮るのであればすごくバランスのいいいフルサイズ1200万画素もカワセミ撮影では超トリ必須となるわけですから少々つらいかもしれません。17センチ程しかないちっちゃな被写体を主役に据えて撮ろうと思った時、ファインダーを覗いたときの被写体のあまりの小ささに萎えないかと。引き画で撮るなら問題はないでしょうけど引き画で撮れるシチュエーションがなかなかないですからね。そこで考えたのが自慢の高ISOを生かしロクヨン+1.4倍テレコンで840mmの標準装備。開放F値が5.6。しかしD2Xだったらヨンニッパ単体クロップで800mmでF2.8。単純に画角だけの比較ですがここまでして無理にD3を使う必要があるかなぁ・・・D2Xの解像感はホント別格でクロップ680万画素でも超トリ出来る画質ですから(但しISO100限定)。少なくとも私の撮影スタイルだと果たして出番はないのではないだろうか。いつもブラインド張っていて至近距離15m以内なんて状況だったら別なんだろうけどね。じゃあもう一機種のD300はどうかというとあのスペックで20万円台は魅力だけどD2Xに取って代わるものは1.5倍画角で8コマ出ること。他にライブビューや被写体を色で判別してAFが追従する3Dトラッキングなど新しい機能もついていますが同じ素子と噂されるソニーのα700のサンプルを見る限りだと解像感を犠牲にして高ISOを強くしたような画質に感じてしまいますね。塗り絵はD40で懲りていますので(^^; あのD300のハーレーの公式サンプルはISO200のみでなんだか訳がわからないし3Dトラッキングは小さく速いカワセミの動きに追従するとは考え難い気が・・・
一部の情報筋によると春先にはD3の上位機が2000万画素オーバーで登場するらしいです。ここまで画素数あればちぎり放題なんでこちらが出るまで待ちかな?でもお値段も相当張るでしょうね(^^;


ニコンD3(Nikon imagingより)

新機種をどうするかはしばらく考えますわ。まだ2ヶ月くらいあるわけですしね。でもここまで想像で書いていても最終的には使ってみないことにははっきりとわからないのよね^^;

ポチッとワンクリックお願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 23:22 | コメント (5) | トラックバック

2007年09月14日

PCパワーアップ!?

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking190.png

しばらく更新を放置しておりました(^^; これには理由がありましてPCをあれやこれやいじくっていてまともに立ち上がらなかったからです(言い訳^^;) そう、あまりにもカワセミの出が悪いのでPCをパワーアップさせようと一所懸命になっていたのです。もともと自作のペンティアムDマシンを使っていたのですが、CS3やらキャプチャーNXやらニコンビューやら立ち上げていって画像をたくさん開くとそれはそれは忍耐の世界。私のような「ながら族」はスーパーマルチタスクを求めるので現状のスペックではかなり厳しいものがありました。そこでCPUを現行の2コアから4コアへパワーアップしてしまおうと思ったらみるみるうちにドツボにはまっていきました。まずはCPUの他にマザーボード追加、グラボ変更、HDDさらにケース等買ってしまい、いったいPCショップに何度足を運んだことか。結局最終的には最初から自作PCをもう一台作ったのと変わらなくなってしまいました(^^;

主な変更点?です。

CPU Intel pentiumD 2.8GHz → core2 Quad 2.4GHzQ6600
メモリ  2G → 4G(実際は3.36G認識)
HDD 内蔵500G追加(SATA)
マザーボード Asus P5LD2 SE → Asus P5K
グラボ Geforce7600GS → Geforce8600GTS
電源  ケースのおまけ390W? → ENERMAX Liberty500W
DVDドライブ LG製??ATAPI接続 → パイオニア製 SATA接続
ケース→温度センサー付きのものに交換


あとはPCの仕様が違うのでWindowsVistaをもう1ライセンス買わざる得なくなりました。でもさすがにクワットコアは超速い!!CS3の起動なんか全く待たされない感じ。4コアとセカンドキャッシュ8MBがよく効いているのかな? これで来たるD3の重いであろう画像ファイルも難なく処理できるかな?だといいなあ~。

Intel社のHPより

最速PCを目指す方もそうでない方もポチッと応援お願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:41 | コメント (3) | トラックバック

2007年08月27日

3本目の長玉。

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking190.png

さてニコンの新機種騒動も一段落したので新レンズのお披露目です(^^; ニコンの長玉もついに手ぶれ補正付きのVRシリーズになり、予定通りいけば11月から一新されます。それに伴い中古カメラ店では今までなかなか中古で手に入れられなかったゴーヨンやらロクヨンやら、さらにはヨンニッパまでが複数在庫として存在するようになり、なかなかリーゾナブルなお値段で手に入れられることが出来るわけで(^^;ついに持っていなかったゴーヨン2型(ライトグレー)を買ってしまいました(^^v
これでやっとこさニコン長玉大三元が達成されました(^^; (でも11月からは旧大三元^^;)長玉はメインとサブで2本が一番の理想と思っていただけに3番目のコイツは軽量なのでお山用か?偵察用か?はたまた被写体の出が悪くてやる気がない時用か??どっちにしろボケはロクヨンやヨンニッパには及ばないものの、軽量さとシャープな描写を持ち合わせたレンズですので今後活躍する場面が出てきそうです。私はやっとこさそろった長玉大三元のヨンニッパをカプセル怪獣の「ミクラス」、ロクヨンを「アギラ」、ゴーヨンを「ウィンダム」と命名しました(笑)少し古いかな??もちろん、何の根拠もありません(爆)

さて日記のほうはもう一昨日になりますが土曜日に撮影したものです。久しぶりのカワちゃんです。


Nikon D2X
焦点距離 500mm(1000mm相当)
露光時間 1/500秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS3
撮影日時 2007/08/25 09:03
クロップ、縦トリミング

川で撮るのも久しぶりですな。

Nikon D2X
焦点距離 500mm(1000mm相当)
露光時間 1/320秒
F値   4.0
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS3
撮影日時 2007/08/25 07:41
クロップ、トリミング


そして私がゴーヨン2型を買って間もなく、この2型が大幅値下げとなったのでした(^^;>>>>>バカヤローッ!!

ここの管理人は買い物ばかりしてどうしようもないやとお思いの方はポチッと応援お願いいたします(^^v  目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)


投稿者 shirou-miz : 00:39 | コメント (3) | トラックバック

2007年08月23日

ニコン、ついに2機種を発表!!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking(yamasemi2).png

ニコンさん、ついにやってくれました!!2日前の日記の予想とほぼ同じスペックでフルサイズの「D3」とDXフォーマットのフラッグシップの「D300」が本日発表となりました。D3に関しては、欲張らない1200万画素フルサイズで9コマというのは画期的でしょうね。低ノイズ路線を狙ってきているのがよく分かります。でもDXクロップ時の510万画素にはトリミングを多用する私にはがっかり。D2Xでこの画角で撮ろうというのなら1200万画素で撮れてしまいますからね。はっきりいって9コマ、11コマもいらないので(MK3だって実際は10コマはほとんど出ていない)もう少し画素数欲しかったかな?でも画質のバランスを考えた上でのスペックでしょうから早くサンプルを見てみたいものです。今回はD2Hsの後継機だろうから来年初めには2000万画素オーバーのD2Xs後継機が登場しそうですね。いったい財布の中にいくらはいっていれば足りるのかな(汗)

ニコンD3(Nikon Imagingより)


あとD300ですがこれはもう中級機とは言えないスペックですね。実は鳥撮りにはこちらの方が向いていると思います。あとはサンプル画像と実機を触ってみてD2X並みのクオリティがあればD2Xからの乗り換えでもスペックダウンにはならないでしょう。51点AFをこちらにも載せてきたというのが驚きです。さらには15点のクロスセンサーが開放F値5.6から効くというのも期待できそうですね。私の予想では鳥屋さんにはD300の方が売れるとみました。

ニコンD300(Nikon Imagingより)

ちなみに私は散々悩んだ挙げ句、D3を予約しました。場合によってはD300に変更するかもしれませんが発売までまだ3ヶ月ありますからね。
ちなみに気になるお値段はD3が55~60万、D300が22~25万円とのことです。このスペックだったら頑張った方かな?それよりも早くサンプルがみたいなあ~!!

今回のニコンの頑張りで喜んでいるニコンユーザーの方、ちょっと悔しいキヤノンユーザーの方、そして他のメーカーユーザーの方も全員ポチッとお願い致します(^^v 目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 23:00 | コメント (2) | トラックバック

2007年08月21日

D3続報!!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking180.png

鳥撮りネタが枯渇しているので今現在、機材ブログ(それもニコン限定?)になっております(^^;

いよいよキヤノンからEOS-1DsMK3と40Dが発表になりましたね。さて噂のニコンD3ですが発表が明後日の23日午後1時に都内で発表との情報が入ってきました。あくまでも私は内部の人間ではないので噂の領域を超えませんが、どうやら真実味を帯びてきたみたいです。そしてさらに中級機のD300も同時に発表という話です。さて気になるスペックですが、

D3はフルサイズ、1200万画素でニコン製のCMOSで秒間9コマ。DXクロップモードでさらに秒間11コマ。ISO200~6400、拡張でISO100、上はなんと25600相当。51点測距AF。

D300はAPS-C(DXフォーマット)で1200万画素。秒間6コマでバッテリーグリップ装着で秒間8コマ。ISO200~3200で拡張でISO100、上はISO6400相当。51点測距AF。


うーん、D3はD2Hの後継機と見ていただけにフルサイズは意外だったかな?確かに1200万画素であれば画素ピッチに余裕があるので画質的にもコスト的にも更には低ノイズ化も期待できるでしょうね。まあISO100を拡張にしたのは気に入りませんが余程低ノイズに自信があるのでしょうね。でも鳥撮りにとってみればD2Xよりは不利なような気がします。鳥撮りにとって非常にありがたい2倍画角が1.5倍画角になって同じ大きさにトリミングしようとすると実質的に画素数が下がるわけですからトリミングして大伸ばしという芸当がしにくくなるわけです。コマ速は8コマあれば十分かと思います。問題は気になるお値段でしょうね。これで実売価格40万円台だったらかなりのヒット作になるような気がしますが、なんだかキヤノンに勝とうとやたらとスペックに走っているのが気になります。やはりMK3の14bit処理は階調性において白眉だと思いますし、コマ速や高ISOよりもこのような階調性能を望みたいものです。あとはたびたび森の中のアカショウビン撮影に悩まされ続けたオートホワイトバランスの出来ですね。私はこの2点が解決されているのであれば即、無理してでも買いということになるでしょう。
D300に関してはいかにも40Dに勝ちますよといった感じで何も感じるものはありませんが両機とも実際にサンプルを見てみないとなんとも言えませんね。塗り絵になってしまっていたらニコンの良さはなくなってしまいますから。
あとニコンの長玉大3元(400、500,600mm)もVR化して登場みたいです。すでに500,600mmのライトグレーに関してはメーカー在庫がなくなったとのことですのでこれは信憑性が高いと思います。

でもみなさん、まだ正式発表ではないですからね!!でももしこのスペック通りで出てきたら鳥屋さんにとっては「???」という部分が多いかな?まあ発表まで正式な情報を待ちましょう(^^v

そんなニコンユーザーの方でも他のメーカーのユーザーの方でもD3について少しでも気になる方はポチッとお願い致します(^^v 目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:21 | コメント (2) | トラックバック

2007年08月18日

D3発表!!________________________か(^^;

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking190.png

思わず某夕刊風の見出しになってしまいましたが(^^;ニコンユーザーがそろそろ我慢出来なくなってきたD3の情報がちらほら聞こえてきました。あくまでもまだ噂の領域ですが、8/24発表、画素数は1000万画素??、秒間9コマ、51点測距AF、そして背面モニターはMark3と同じ3型で92万ドットというやや本当っぽい情報が"masterchong.com"というサイトの記事に掲載されておりました。さらにシルエットのみ写している「ティザー画像」まで載っていて、いかにもこれから出るぞー!というような内容でした。このスペックだとおそらくD2Hsの後継機かなと思いますがニコンユーザーにとってみれば散々待たされ裏切られ続けただけに待ち遠しい感じですよね。ちなみにもし発表になったとしても私は最近高価な買い物を連発してしまったので買えるかどうか微妙ですが非常に興味があります。これからのニコンの画作りの方向性をとくとやら見せて頂きたいものです(^^v

masterchong.comより


なんだかそそる画像ですなぁ。しかしホントに発表されるんかいな??フタを開けてみたら「高速連写入門機D40H!!」なんて結果だったらみんなキヤノンに行ってしまいそうですね(^^; ちなみに今回、発表がずっこけたとしても私は何も責任取りませんので、あしからず。

そんなニコンユーザーの方でも他のメーカーのユーザーの方でもD3について少しでも気になる方はポチッとお願い致します(^^v 目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 21:02 | コメント (7) | トラックバック

2007年08月08日

新兵器!!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking190.png

しかしどうにも機材が落ち着きませんなあ。万全だったはずの雲台「ジッツォ1380」も使っていくうちにアカショウビン撮影では不満タラタラ。もともと100mmボールのマンフロの510を使っていたので75mmでは真っ直ぐ三脚を立てられないシチュエーションが多かっただけに役不足。さらに操作系も指の短い私にはロックのレバーもフィットせず今ひとつしっくりきません。非常に安定感のある良い雲台なのですがやはりないものねだりをしてしまいます。そんな不満に思い始めたある日、フィールドでNさんが素晴らしい雲台を触らせてくれました。その名も「Sachtler」=「ザハトラー」。ヴィンテンに並んで放送の業界では定番の三脚メーカーですが、動かしてみると実に滑らかなのであります。今まで使っていたマンフロットに比べると(ジッツォ1380も中身はマンフロ505)なんだか一回りも二回りも高級な感じがします。ロックもガチッとブレーキがかかる感じでカウンターバランスも12段階と豊富です。さらにスプリングで稼働しているので気温に左右される屋外撮影に適しているとのこと。見た目はいかにも業務用っぽい無骨なデザインですがこれだったら来年のアカショウビン撮影にも強い武器になると思ってこれは買うっきゃないと思っていたらすぐに手が伸びてポチッと逝ってしまいました(^^;

私が購入したのは100mmボールの「DV8/100SB」。脚も実は今までのジッツォG1548から伸縮がしやすくなった新型のGT5540LSに変わりました。
新しい組み合わせは「DV8/100SB+ジッツォG1424+ジッツォGT5540LS」となりました。

ザハトラーDV8/100SB(System5さんのHPより)

ジッツォGT5540LS(ジッツォのHPより)


でも欠点は今までより約400g重くなったのと見た目がなんだか頭でっかちになってしまったかな?それよりもお値段!!高すぎるぜ~!!財布の中はいつもすっからか~ん♪ 


こんな物欲マンの私を少しでも応援して頂けるのならばポチッとお願いいたします(^^v 目指せ少しでも上のランキング!! みなさんのポチッと一票がとても励みになります。
        ポチッポチッ!! ご協力お願いいたします(^^)

投稿者 shirou-miz : 22:56 | コメント (8) | トラックバック

2007年07月09日

ニコンへの道(9)~キヤノン、今まで有り難う!~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking(yamasemi).png

キヤノンの長玉(600mmf4IS)を手放してから約5ヶ月、風景&ヤフオク商品撮影用としてフルサイズのEOS5Dが少なくなったズームレンズ群と一緒に細々と残っておりましたが、私にとって最後のキヤノンのカメラとなったこのカメラを手放すことになりました。と同時に短いレンズも放出する運びとなりました。このカメラは写りも良く非常に気に入っていたので手放す予定はなかったのですが、彗星の如く現れた「Fujifilm FinepixS5pro」の階調性と発色が大変気に入ったので風景用には持ってこいということと、近々来たるニコンのD3?の発売に合わせての資金の準備もあって(まだ買うかはわからないですけどね^^;)ついに断を下しました。これで私が中学生のころから続いたキヤノン所有者にピリオドを打つことになりました。FDレンズの頃から親しんできたので未練が無いと言えば嘘になりますがひとまず今後はFマウントで頑張っていこうと思います。でもニコンからキヤノンに移行する人が多い中であえて逆行している私って本当にひねくれ者なのかもしれませんね(^^;

キヤノンさよなら記念に久々にヤマセミの在庫を一枚。

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 600mm
露光時間 1/1250秒
F値   5.6
ISO  100
露光モード M
PhotoshopCS3
撮影日時  05/10/28 09:32
周辺トリミング

投稿者 shirou-miz : 21:47 | コメント (4) | トラックバック

2007年06月30日

PhotoshopCS3でアカショウビン

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking(akashoubini).png

今日もカワセミ撮れず・・・今年は信じられないくらいカワセミが撮れません。雛が孵らなかったせいもありますがそれにしても半日いてシャッターを一枚もきれないとは悲しいものです(^^; 仕方が無くお昼にフィールドを撤収して、時間があったので最近新しくなった「PhotoshopCS3」を購入して色々と試してみました。今回はS5proの画像のみの現像ですが、このCameraRawが格段に使いやすくなりました。元々はソフト1本で現像から仕上げまで出来るのが理想ですから今回からS5proの現像に関してはこちらをメインにしようかと思います。それ以外のCS2との違いはサムネイル閲覧用のAdobeBridgeが使い易くなったのとインターフェースが少し格好良くなったかな?それ以外の違いはよくわかりませんが(機能のほんの一部しかわかっていないので^^;)S5proのメイン現像ソフトを探し求めていただけにこれは買って正解でした。(アップグレード版でも少々高かったけど^^;)



FUJIFILM FinePix S5Pro
焦点距離 400mm(600mm相当)
露光時間 1/100秒
F値   2.8
ISO  100
露光モード M
D-RENGE auto
PhotoshopCS3
トリミング



FUJIFILM FinePix S5Pro
焦点距離 400mm(600mm相当)
露光時間 1/30秒
F値   3.5
ISO  100
露光モード M
D-RENGE auto
PhotoshopCS3
縦トリミング
 

投稿者 shirou-miz : 20:34 | コメント (0) | トラックバック

2007年06月15日

D3に期するもの?

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

キヤノンのEOS-1DMarkIIIが発売になりフィールドにはこのカメラがたくさん並ぶようになりました。秒間10コマの1000万画素とはいいところを突いてきたなあというのが正直な感想です。それよりもこのカメラの特筆すべきところは(私は所有していないのであくまでも皆さんの撮った画を見ての話ですが)以前のMarkIIに比べて階調が豊かになったことです。あまり欲張らない画素数のアップも好感が持てます。MarkIIに比べて確かに解像感は上がっていますね。この最強一眼レフの登場を横目にやきもきしているのは私を含むニコンユーザーでしょう。本来なら対抗馬の筈のD2Hの後継機は?D2Xの後継機は?と一体いつ登場するのかと心配になってしまいます。フルサイズは1.1倍センサーを積んで1800万画素で登場するとか、これがXとHが統合してクロップがついてD3になるとかいろいろな噂が流れてきますが真相は不明です。そこで私の独断と偏見で勝手な予測をしてみました。

1.D2X(s)の後継機はまもなく発表、8月発売
2.D2H(s)は後継機は出ず
3.フルサイズ機は1.1倍センサーを積んで今秋に登場
4.D200後継機も今秋登場?

この中で期待してしまうのはやはり1番のD2X後継機です。D2Xに関しては今の画質で充分満足していますが、もし「D3」としてリニューアルされるのであれば以下の点を望みます。

1.ノンクロップ時のバッファの改善(特に書き込み速度)
2.ノンクロップ時のコマ速アップ(6~8コマ)
3.クロップ時のファインダーの改善(これは難しいか)
4.クロップ時の画素数アップ(800万画素以上は欲しい)
5.オートホワイトバランスの劇的改善(現状がひどすぎる)
6.AF測距点を増やすかもう少し真ん中に寄せて欲しい
7.ISO50の追加  等々

まだまだありますがこの中で特に望むのが1と5ですね。この2点で泣きをみたことが非常に多かったので・・・

まあ何はともあれニコンユーザーの皆様、もう少し我慢しましょう。ニコンはやってくれるはずです必ず!!

投稿者 shirou-miz : 21:14 | コメント (7) | トラックバック

2007年04月26日

S5 Proでカワセミ

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking140.png

サブ機として購入したS5 Proに少しでも慣れるべく、昨日久々の平日休みだったので近所の公園に雨上がりの午後から行ってきました。それにしてもなんとも癖のあるカメラであることか。ファインダーをのぞいてグリップを握りしめるまではまさに「D200」なのですがシャッターを切ると全く別のカメラに変貌します。「ガシャン!!」とレンズシャッターみたいな「撮ってるぞ感」の強いシャッター音で2枚連写しただけで延々と書き込みが続きます。その間、モニターで画像チェックもメニュー画面も開けません。やっとバッファが開放されたされたと思うとあららカワちゃんが枝にいません(^^; ピントのチェックをしようにもD2Xのように拡大できないので微妙なブレやら微妙なピントやらは帰ってからのお楽しみ。そう、補間での1200万画素なので実質600万画素での等倍拡大だから大きく拡大できないのです。はっきり言って会えるかどうかわからないドキドキものの珍しい鳥さんを撮りに行こうと思うのなら、とてもじゃないですがこのカメラで千載一遇のチャンスを押さえられるとは思いません。じゃあ、そこまでの操作の快適性を犠牲にしてまで何が得られるかというと、それはこのカメラならではの「フィルムのネガに匹敵する階調」なのであります。最高400%の設定で(この場合秒間1.6コマ)ビカビカの光の当たったカワちゃんを撮ってみるとなるほどと思わせるダイナミックレンジ特性です。解像感こそないものの高ISOもノイズがあまり気になりません。(使わないけど^^;)
なんだか前置き文章が長くなってしまいましたが、光がなかったせいで昨日撮った画でこのカメラならではの階調をお見せ出来ないのは少々残念です。でもこういう一つのことに秀でていて他は全くダメっていうカメラって何故か惹かれてしまうのですよね。短所は目をつぶって、長所を伸ばす教育をしてやりましょう。(笑)


FUJIFILM FinePix S5Pro
焦点距離 550mm(825mm相当)
露光時間 1/20秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
D-RENGE 400%
Adobe LightRoom ver1.0
撮影日時 07/04/25 14:14
ノートリミング



FUJIFILM FinePix S5Pro
焦点距離 550mm(825mm相当)
露光時間 1/80秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
D-RENGE Auto
Adobe LightRoom ver1.0
撮影日時 07/04/25 15:26
ノートリミング


投稿者 shirou-miz : 21:00 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月21日

サブ機登場!!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

夏場の遠征に向けてふと、不足しているものを思い出しました。そう、今やメイン機となったD2X様がもし現地で故障してしまったら代わりになるカメラがない・・・・・Nikonのフラッグシップの新機種待ちだったからこそ空席になっていたのですが、発表すらされていないものを待っていたらいつになるかわからない・・・D40はどうかって?? はっきり言ってサブサブにもなりましぇん(^^; そこでNikonフラッグシップの新機種の噂さえ出ていなければ当初は買う予定だったこのマシンを先週の買え買え光線を受けて早速ポチッ!! そして余計なズームもポチッ!! さて要らないものをどんどん売るとするか・・・(^^;

でも撮影チャンスは1回だけ。(^^; 基本ダメダメ写真ですがダイナミックレンジ特性は分かっていただけると思います。デビュー記念の1枚。

FUJIFILM FinePix S5Pro
焦点距離 600mm(900mm相当)
露光時間 1/80秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
D-RENGE Auto
Adobe LightRoom ver1.0→PhotoshopCS2
撮影日時 07/04/21 10:09
ノートリミング

これで準備だけは大丈夫。しかし肝心の被写体が・・・・(^^;

投稿者 shirou-miz : 21:11 | コメント (2) | トラックバック

2007年02月26日

長玉への道(13)~嗚呼、ニーニー~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

(前回のコラムからの続き)
「そうか、サンニッパはキヤノンでは鳥撮りに生かすことは出来なかったがクロップを備えるD2Xだったら強い武器になる・・・」でもサンニッパを買うのはもう3回目になってしまいます。マウントが違うとはいえさすがの私も抵抗を感じました。でもメインシステムがニコンに移行した今となってはもう一本インパクトのあるレンズが欲しい・・・そう思いながら最近はオークションの画面を良く見るようになっていました。見ているといろいろなレンズが思ったより安くでています。ニコンだと最近人気がすごくて新品でも納期待ちの18-200mmVRなんてのが定価に近い価格で出ています。こうして見ているだけでも楽しいのですがふと、あるレンズが目にとまりました。「200mmF2.0VR」・・・・・ん?確かこのレンズはサンニッパVRと同じ値段で同列の商品だったような・・・望遠の開放f2.0なんて想像もつかない世界だなあ、と興味深々に見ていました。この画角でこの開放値はまさに室内スポーツやらポートレートに適したレンズなのですが描写はキヤノンのディスコンになってしまった通称ニーイッパこと200mmF1.8のようなものだろうと思っていました。「ちょっと待てよ、このレンズはクロップ、1.7倍テレコン使用で680mm相当か。画角だけでいえばEOS1DS+ロクヨンより大きく撮れるのか。」カワセミを撮影するのに200mmなんて考えられなかったのですがニコンの場合は1.7テレがある関係で色々な画角が楽しめます。解像感あるD2Xだからこそです。そしてこのレンズがなんとオークションで新品に近い美品が驚くようなお値段で出ていたのです。しかしそこにはからくりがあって「最低落札価格」なるものがあってこれに達していないと落札出来ないわけです。「どうやら最低落札ラインは○○円だな」そして私の読んだ価格に少しずつ近づけながら入札していきます。そして読み通りその落札額を入れた瞬間にやっと最低落札額に達し、正規の入札になりました。その時すでにオークション終了まであと5分を切っていました。「他が入札してきて値段が吊り上ったらやめよう・・・」と思って5分が経ち、なんとそのまま落札されてしまったのです。「あれ?このレンズ思ったより人気がないのね」 しかしゲーム感覚で入札したのが今、本当に落札されてしまったのです。どうしよう・・・・・ もう後には引けません。「本当に200mmなんかカワセミ撮影に使うんかいな?」でも偵察レンズとしてサンニッパを考え始めていた私にとってこのレンズはすごく魅力的でした。しかも未知の世界の開放F2.0・・・こんなんピント絶対に合わないぞ・・・・そんなじゃじゃ馬ぶりがまたも私の物欲をくすぐります。でもこいつのせいでせっかく○○を売却したお金が右から左へと流れていってしまいました(^^;でもVRの威力で手持ち撮影ができるこのレンズ、(通称ニーニー)案外と活躍するかもしれないですね。

在庫より

Nikon D2X
焦点距離 340mm(680mm相当)
露光時間 1/1000秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS2
撮影日時 07/02/16 11:45
クロップ、縦超トリミング

投稿者 shirou-miz : 22:51 | コメント (2)

2007年02月22日

長玉への道(12)~サンニッパへの懺悔~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking190.png

キヤノンでの鳥撮りに別れを告げて、いよいよニコン一本で腹を決めてレンズも揃ってきました。そんな矢先に本日、皆さんが待ちに待ったキヤノンの速射のフラッグシップ「EOS-1D MarkIII」が発表になりました。でも秒間10コマ出ようとも高感度のノイズが少なかろうともライブビューがあろうともキヤノンの長いレンズを全部売却した私にはもう関係のない話になってしまいました。なんてったって所有するキヤノンの一番長いレンズがズームのテレ端の200mmですから(爆)。 
レンズに関してはニコンはずっとヨンニッパしかなかった状態ですがD40のおまけの18-55mm、そして年明けにロクヨンが加わって3本になったわけです。ところが以前のキヤノンのレンズラインナップを考えると少々寂しい気がしてきました。そう、私のキヤノンの全盛期は600mmF4、400mmF2.8、300mmF2.8といずれも無茶な買い物のせいで保有していたわけです。その前は500mmF4の所有していたのでこれら全てのレンズ資産を売却してしまったわけです(^^;我ながら恐ろしい・・・特にサンニッパに関しては2度売却する羽目になったことから私には本当に縁の無いレンズだと思い込んでいます。じゃあニコンだったらサンニッパはどうなのかというとここ2年くらい前にVR(手振れ補正)付の新しいサンニッパが発売されていました。ニコンのMFレンズの名残である絞りリングの無い「Gタイプ」という新しいスタイルで登場したわけです。描写はもちろんサンニッパですからキヤノンのサンニッパISに引けをとらないくらいの素晴らしさがあります。しかしこのサンニッパをサブで鳥撮りに使おうとするとどうしても中途半端になってしまうことが非常に多いのです。というのも三脚に載せて撮るのだったら何も最初からヨンニッパでいいでしょ、ということになりますし、手持ちでカワセミのトビモノを狙おうとするとカワセミが飛び出すまでずっと構えていなければならないので2.5kgと比較的軽量とはいえ重さに負けて腕がガクガクブルブルとくたびれてきて下がってきてしまうわけです。すると次第に億劫になって持ち出さなくなり、他に欲しいカメラやらレンズやらが登場してくるとリストラの第一陣になってしまうわけです。風景屋の頃は憧れていてやっと中古の安い出物を見つけて3年ローンで苦しい思いをして買ったレンズが鳥撮りになるとこんなにひどい扱いになってしまうわけです。これでは罰が当たってしまいますね。ところがニコンではどうでしょう。サンニッパ+ニコンだけの1.7倍テレコンで焦点距離は510mm行きます。開放F値は4.8です。まあ実用ベルですね。そしてD2Xだとクロップ画角で2倍になるのでなんと1020mm相当!!そして3段分補正効果のあるVRですから手持ち撮影で1000mmの画角が手に入ってしまうわけです。たとえば前述した組み合わせで少々絞ってF値5.6、ssが1/30秒だったとします。これは暗い曇りのお天気の状態ですね。しかしこの状況でもssは3段分上に相当するので、なんと1/250秒で切ったのとぶれる確率は同じになります。あくまでも被写体ぶれは防げませんが止まっている被写体を撮るのだったらこれは脅威ですね。イコールこれは偵察に強い武器になることは間違いないのです。(次のコラムに続く)


在庫より(コラムとは関係ありません^^;)

Nikon D2X
焦点距離 550mm(1100mm相当)
露光時間 1/320秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS2
撮影日時 06/08/19 06:52/54

投稿者 shirou-miz : 22:02

2007年02月14日

ニコンへの道(8)~さらばキヤノン~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

ニコンのロクヨン(600mmf4)をゲットしてからは今後の生活費のことやら何やらを考えることを余儀なくされました。普通の人だったら生活のことを考えてから購入に踏み切りますが、「物欲大魔王」の有難くないあだ名を頂戴している私にとってみれば「とにかく手に入れてから今後のことを考える」という逆のパターンになってしまうわけです(^^;私ぐらいの年齢のごく一般的な家庭だと親離れしていない子供がいて、住宅のローンがあって奥さんにレンズを買うなど相談をするのも恐ろしいことで仕方がなくパンフレットを見て「いいな、いいなぁ~」とわざと聞こえるようにぼやいていると「いくらするのそれ?」と奥さんが聞いてきて「〇〇万円」と言った瞬間に「何考えているの!!」とあっさり却下されるのが関の山です。傍から見ると確かに「ガラスの集合体」に大金をはたくのは理解に苦しむことだと思いますがレンズ沼という底無し沼につかってしまったどうしようもない鳥やさんにとっては「男のロマン」と格好つけて割り切るしかないのです。そう、サンニッパでやめておけばよかったものを・・・幸い私は子供も住宅のローンもないのでまだ100%までは愛想をつかされていません(笑)。まだ短いレンズだったら買えるかな(爆)。
さて前置きが長くなりましたが生活のことを考えた結果、何かを手放さなければならなくなりました。その辺は企業と同じで生活の再構築(Restructuring)=「リストラ」を強いられることになったのですが、真っ先に考えたのはキヤノンのシステムの売却でした。かつてフィールドを駆けずり回ったEOS-1Dmk2は半年以上出番がなく、最近ではフルサイズの5Dと最後まで残ったキヤノンの長玉ロクヨンISの組み合わせでテスト撮影をしただけでした。この組み合わせもいろいろな可能性を探ってみましたがAPS-C画角のD2Xの画には到底及ばず、ついにmk2とロクヨンISを手放す結果になりました。これにより約1年間続いた両刀使いもピリオドを打ち、鳥撮りはニコン一本で行くことになりました。キヤノンを最後まで手放したくなかったのは破綻の無い素晴らしい画質と非常に扱いやすいからだったのですが鳥撮りに関しては事実上さようならということになってしまったのです。さびしい思いがこみあげてきますが、今後はフルサイズの5Dと短いレンズ群は風景&スナップ用として頑張ってもらうことにします。これからはニコン一本ということで非常にプレッシャーがかかってきますがなるべくキャノンを振り返ることなく(本当に?)頑張っていきます。

Mk2最後の在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 560mm
露光時間 1/250秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
撮影日時 2006/07/23 10:02:52
トリミング


キヤノンさん、楽しい思い出をたくさん有難う!!

投稿者 shirou-miz : 20:57 | コメント (4) | トラックバック

2007年02月08日

安定感のある雲台を目指して・・

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking220.png

雲台といえばどちらかというと撮影機材の中でも地味な部類に入りますよね。私はビデオ用雲台はマンフロットの501を最初使っていてキヤノンでロクヨンを導入してから516を購入し、更なる安定感と水平出しにこだわって510を購入して1年以上メインで使ってきました。この雲台は100mmボールヘッドで重さはなんと3.5kg!!雲台だけでなんとゴーヨン級の重さがあるわけです(^^;逆にいえばその恩恵にあずかり幾度と無く低速ssの場面で助けて頂きました。しかしながら雲台とは思えない重さとパーンとチルトのテンションが無段階に調整できなかったのが非常に不満だったので、安定感と使い勝手では定評のあるジッツォG1380を購入に踏み切りました。この雲台、ジッツォの仮面を被っていますが本当の中身はマンフロットの75mmボールヘッドの505のOEMです。カウンターバランスは1kg、2kg、5kg、8kg、9kg、10kgの6種類の色違いのスプリングを自分で交換するようになっています。私的にはロクヨンは10kg、ヨンニッパは8kgが丁度いいかな?パーンとチルトのテンションも無段階で調整できて動きもスカスカではなく私好みの固めの設定が実にいいフィーリングで動きます。しかもパーンとチルトのロックも左手だけで出来るように設計されているので超低速ssでアカショウビンなんか撮る時は強い武器になりそう。雲台は撮影する上でかなり影響する部分なので車で言えば足回りを補強したような感じがしてすごく満足ですぅ!!

510からG1380に変えてよかった点
 ・約1kg近く軽くなった
 ・パーンとチルトのテンションが無段階で調整
  出来るようになった(温度差が激しい冬ではこれは重宝)
 ・ロックが共に片手で出来るようになった。
 ・ジッツォの塗装なので三脚と一体感が出てカッコイ~!!

その反面100mmボールから75mmボールだからスペックダウンに見られることもあるかな?


ジッツォのHPより

510はドナドナ、516、501はサブで残りました(^^;

投稿者 shirou-miz : 21:30 | コメント (6) | トラックバック

2007年01月28日

D40でカワセミ修行

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

ロクヨン2型をゲットしてついつい余計なものに手を出してしまいましたぁ~。コンデジ買おうと思っていたらなんと、ちょっと足せばレンズキットで買えてしまうではないですかぁ。このコンパクトさ、この軽さ、この気軽さ、これで鳥撮りライフが楽しくなること間違いなし。・・・・・・って一体何を撮るんだ、これでぇ??
こういうケースって大体最初のうちだけフィールドに持ってきて遊ぶのだけどだんだん飽きてきて持ち出すのが億劫になって家の中でほっぽらかす様になり、しまいには使わなくなったといってドナドナになるのが関の山だけど、今回はもしかしたらD2Xのサブ機にまかり間違って使えるかもしれない?という期待を込めて、テストを数日間行いました。一応D2Xで撮っている時の状態になるべく近づけて仕上げも大トリして今までのような仕上げ方をしてみました。

Nikon imagingより


先週撮った画像

Nikon D40
焦点距離 600mm(900mm相当)
露光時間 1/50秒
F値   4.5
ISO  200
露光モード M
オートホワイトバランス
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS2
撮影日時 07/01/21 16:07/21
大トリミング

本日撮った画像

Nikon D40
焦点距離 600mm(900mm相当)
露光時間 1/250秒
F値   5.6
ISO  200
露光モード Av
オートホワイトバランス
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS2
撮影日時 07/01/28 09:51/30
大トリミング

う~ん・・・・・これでは鳥撮りには厳しいなぁ。まず「高感度の低ノイズ」をを売りにしている部分もあって思いっきり「塗り絵」です。トリミングして見るとノイズを消すために解像感を犠牲にしていることがよくわかります。それとこの発色では厳しいですね。CS2で修正していますが元画はひどいマゼンタ被りでした。オートホワイトバランスの出来が良くないだけにマニュアルホワイトバランスが欲しかったような・・
まあコンデジと比較されるカメラにそこまで期待しても仕方がないですね。これはこれで割り切ってスナップ用に使いますぅ。

長所  ・安い!
     ・軽い!
     ・持ち出したい大きさ
     ・親指AFが出来る
     ・高感度はめちゃ低ノイズ
     ・難しいことを何も考えずにシャッターを切れる
     ・ファインダー性能はこのクラスにしては頑張っている

短所  ・塗り絵
     ・オートホワイトバランスはなんとかして欲しい
     ・レリーズが使えない
     ・AFの測距点が3点しかない
     ・AF-S、AF-IレンズしかAFが使えない
     ・ISO100、欲しいなぁ
     ・外装がチープ

投稿者 shirou-miz : 18:45 | コメント (7) | トラックバック

2007年01月19日

長玉への道(11)~白い巨砲~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png
(前回のコラムからの続き)
正月休みも終わり仕事が始まりましたが、私の気持ちは何故かモヤモヤしていました。そう、あのロクヨンが気になっていたのです。仕事の休み時間にふと、新品の値段を聞いて見ることにしました。そう、値段を聞けば現実を知り、きっと諦めるだろうと思ったからです。そこは以前ニコンのヨンニッパを買ったことがあるお店でした。
「あの、ニコンの600mm2型のお値段っておいくらですか?」
「はい、少々お待ち下さい・・・・・そうですね○56,800円になります・・・」
「えっ?」この時私が予想していたより7・8万は安かったのです。「○年払いで金利は何パーセントですか」
「はい、只今低金利キャンペーンをやっておりまして○%になります」
「ふむふむ・・・」でも在庫がなければ取り寄せに1・2ヶ月かかると思いそれだったら気持ちが覚めてしまって意味が無いと思い、「ライトグレーの在庫はどうですか?」と問うと
「はい、メーカーに在庫がありますので明後日には入荷します」
な・なんと今度の日曜日の出撃には間に合うではないですか。
「それじゃそれでお願いします・・・・」
「はい、有難う御座います」
そして数時間後には電話の受話器越しにまたしても○○信販のお姉さんとお話をしておりました。もはや口座の届出用紙も必要のない常連客になっていたのです。(やったぁ、ついに憧れのライトグレーのロクヨンが手に入ったぁ)私は重たいトランクを担いで喜び勇んで自宅に帰りました。まずテーブルの上に置きます。そしてうっとり眺めます。そしてローアングルでもう一度眺めます。そしてこの使えない大きい三脚座をはずしてウィンバリーのプレートに付け替えます。(雲台はウィンバリーではありません)そしていよいよD2X様を装着です。電源を入れてオートフォーカスボタンを押します。「スースースースー」と動くと思いきや、なんと「ガガガガガガガァ~!!」とけたたましい音を立ててAFが動きました。「は?」思わず目が点になりました。(まさかとは思うが新品だから当たりがついていないのかな?)何回もAFボタンを押してみます。しかし何度押しても音はうるさくなるばかりでどう考えてもAFユニットが壊れているとしか考えられませんでした。私は即座に販売店に電話をして交換してもらうように依頼しました。すると「メーカーが休みですので来週になります」という答えが返ってきました。(ガ~ン・・・・)ここまで来てすぐに使えない無念さがこみ上げてきたのでした。そしてすぐに気持ちを切り替えて浮気をして怒っているヨンニッパ様に「ごめんね、明日から2日間頑張ってね」といってレンズを拭き拭きしてあげました。(気味悪~)そして4日後には新たなロクヨンを持ち帰り、AFも無事に動いてくれたのでした。めでたしめでたし。

在庫より

Nikon D2X
焦点距離 600mm(1200mm相当)
露光時間 1/320秒
F値   5.0
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS2
撮影日時 07/01/12 13:40/07
クロップ、大トリミング

投稿者 shirou-miz : 22:42 | コメント (6) | トラックバック

2007年01月17日

長玉への道(10)~されどロクヨン~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking200.png

早いものでニコンを使うようになってからもう少しで1年が過ぎようとしています。キヤノンと違った映像表現が見たくて買ったのがまさかメインの機材として使うとは夢にも思いませんでした。それもD2Xと相性抜群のヨンニッパのおかげと言っても過言ではありません。単体でクロップで2倍の800mm相当、1.4テレ常用で1120mmとくればこのレンズ一本で事足りてしまうのはいうまでもありません。また鏡筒が寸胴なのでロクヨンにくらべてぶれにくくII型で4.4kgと比較的軽量なのでお山へ行ってもさほど苦になりません。また1.4倍テレコン常用で非常にシャープな画質が得られるのでロクヨンという鳥屋の標準レンズの存在など微塵も感じなくなるのも事実です。そう、ヨンニッパ1本だけ持っていれば充分幸せになれるのです。ところが人間の欲望とはきりがなく、D2X+ヨンニッパをある程度つかいこなしてくると、今度はこの組み合わせでは得られない映像の世界に飢えていくようになったのです。それはやはり「バックのぼけ味」でした。ヨンニッパ+1.4テレでもバックのぼけ味は決して悪くありません。でもロクヨンで撮った画を見せつけられると「ぼけ味」に関してはかなりスケールが違うことに驚かされます。また個体差はありますが開放は実はすごくシャープなのです。今までニコンのロクヨンの画はブレブレの画のイメージしかなかったのでこれは以外に思いました。しかし鏡筒の長さから、ぶれるリスクは非常に大きいので手を焼くことは目に見えていました。またブレと思っていた描写の甘さがロクヨンだとピントの甘さだったりします。なんとなくニコンのロクヨンがじゃじゃ馬レンズに思えてきました。それはD2Xを使い始めた頃の感触に非常に近いものでした。「このじゃじゃ馬を見事に乗りこなしてやる・・・」年が明けてからこの思いがいっそう強くなってきたのです。でも安月給サラリーマンがそう思ったからといってすぐに手に入れられるものでもありません。こうなると自分を諦めさせなければいけないのですが、タイミングが悪いことにロクヨンを使っている仲間が普段はあまり使っていないくせにここぞとばかりに「ロクヨン最高!!」と言って私がノイローゼになるくらいこのレンズで撮った素晴らしい画を見せてきます。「ふん、その手に乗るものか・・・」こんな意地の張り合いが続いたのです。(次のコラムに続く・・・)

在庫より

Nikon D2X
焦点距離 600mm(1200mm相当)
露光時間 1/100秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS2
撮影日時 07/01/13 12:42/43
クロップ、ノートリミング

投稿者 shirou-miz : 22:34 | コメント (7) | トラックバック

2007年01月13日

新レンズ登場!!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking220.png

実は昨日の4枚目のExif情報で気づいた人もいらっしゃるかと思いますが、私の中でここしばらく変動のなかった長玉が新たに追加?となりました。念願のN社のロクヨンをついにゲットです(^^v早速今日はこのフィールドの名物カワセミ「ビッグ君」のトマリモノでテストです。

1/3段絞り

Nikon D2X
焦点距離 600mm(1200mm相当)
露光時間 1/80秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS2
撮影日時 07/01/13 08:05/22
クロップ、大トリミング

開放絞り。

Nikon D2X
焦点距離 600mm(1200mm相当)
露光時間 1/125秒
F値   4.0
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.01→PhotoshopCS2
撮影日時 07/01/13 12:42/12
クロップ、トリミング


開放絞りの画は強風でカワちゃんの毛がなびいてぶれていますがお目目をみると開放で使えることが良く分かりました。このままテストを続けていきますが開放でヨンニッパに近いシャープな描写が得られるとすれば場合によってはメインレンズになる可能性もあるかも?


投稿者 shirou-miz : 16:52 | コメント (2) | トラックバック

2006年12月29日

EOS5Dでカワセミ修行

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking220.png

ようやく休みに入りました。世間一般様もまだお仕事の方もたくさんおられるかとは思いますが今日から休みというところが多いのではないでしょうか?さて休みに入ったのはよかったもののスーパー北風の予報。だいたいフィールドの様子も見えてきたので今日は撮れないのを前提に風景用のEOS5D+ロクヨンで出撃です。結論からいうとこのカメラはトビモノには全く向いていません。連写の遅いこともさることながらレリーズタイムラグが鈍いです。いやフラッグシップカメラに慣れすぎてしまっているので物足りないのです。他のカメラマン達が秒間8コマを心地よく連写している中で「パシャコン、パシャコン・・・・」と非常にかったるくなってきます。ホンマに30万もするカメラなんか?もう少しフィーリングを良くして欲しいものです。でも今日一日なんとか我慢してニコン使わなかったぞぅ(^^v

・・・で結果はトビモノはお見せできるものはゼロ。デッカイカワちゃんです。

Canon EOS5D
焦点距離 600mm
露光時間 1/80秒
F値   4.0
ISO  100
露光モード M
Silkypix2.0.22.0→PhotoshopCS2
撮影日時  06/12/29 12:17/49
ちょいトリミング

5Dで初ホバゲットでしたがショートだったのでこの1枚しか写っていませんでした(^^;

Canon EOS5D
焦点距離 600mm
露光時間 1/640秒
F値   4.0
ISO  100
露光モード M
Silkypix2.0.22.0→PhotoshopCS2
撮影日時  06/12/29 14:55/46
超トリミング


あっ、これから大掃除しなければ・・・・(^^;


投稿者 shirou-miz : 16:54 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月05日

蜘蛛の巣を張ってみました(^^;

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking220.png

前回、お手軽キャリブレーションツール(heuyもどき)を導入しましたがこれがニコン現像ソフトのCaptureNXとの相性がおかしいことから使わずに放置するようになりました。そして最近お気に入りの液晶モニター「L997」を導入したことから本格的にモニターをキャリブレーションしたくなりました。そこでまたもボーナス前に某量販店にて衝動買いしてしまいました(^^;当初はグレタグマクベス社の「EYE-ONE」が欲しかったのですが、店頭で見た「Spyder2」に惹かれました。センサーの数は「EYE-ONE」より多いと店員に聞いてなんとなくこれだ!という気持ちになってきました。このシリーズは3種類あって、最上位の「PRO」、真ん中の「Suite」、お手軽入門編の「Express」がありましたが予算の関係で真ん中の「Suite」に決定。「PRO」との違いはマルチモニターに対応していないのとガンマ値などの設定が「PRO」ほど細かく出来ないというくらいです。ありがたいことにプリンタープロファイル作成ソフトも付属していてこれはなんとなく使えそうです。プリンターの色もそこそこ合わせられるのだったらプリントがすごく楽しくなりそう(^^)早速モニターをキャリブレーションしてみると今までがグリーンに傾いていたのが良くわかりました。色がしゃきっとした感じがして見ていてすごく気持ちがいいです。そう、モニターって実は直接目に触れる部分なのでカメラやレンズ並に大事なのです(^^)

まさにモニターを這うスパイダー。この蜘蛛はきっちりモニターを見やすくしてくれます(^^)

CANON EOS5D+EF17-40mmf4Lで撮影

Spyder2 Suiteの特徴
Spyder2 Suite はアドバンスドユーザーに最適なキャリブレーション製品です。
CRT/LCDモニタ、ノートPCのモニタのキャリブレーションの他、バンドルされているPrintFIX PLUS ソフトウェアによりスキャナーを用意しなくても簡易的なプリンタープロファイルを作成することができます。これにより制作環境の一貫したカラーマネージメント環境を提供します。
Spyder2 Suiteはまさにデジタルフォト暗室環境を提供します。

CRTモニタや、LCDモニタ、ノートPCのモニタを正確にキャリブレートすることができます。(Mac、Win対応)
簡単につかえるウィーザード形式のソフトウェア
高精度なグレーバランスと色調の計測
便利なキャリブレート前後の比較機能
2年間の製品保証
簡易プリンタープロファイル作成ソフトウェア「PrintFIX PLUS」

(ColorVision社のホームページより抜粋)


投稿者 shirou-miz : 21:25 | コメント (4) | トラックバック

2006年11月27日

ナナオL997導入!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking200.png

度重なるカワセミサービス日照りのため欲求不満がピークに達し、ついに火をつけてはいけない物欲が爆発してしまいました(^^;今まではナナオの17インチ液晶モデルの「S170」を使っていました。このモニターは低価格ながら液晶のわりにグラデーションが綺麗にでて静止画を見るのには最適なモニターでした。しかし正面からちょっとずれて見た時の視野角が不満だったのと、マルチタスクを多用する私にとって17インチでは不足に思えてきたのです。そこで静止画の描写性能ではカリスマ性を発揮する21.3インチ、S-IPS液晶パネルの、「ナナオL-997」を冬のボーナス前ではありますがフライングポチッと逝ってしまいました(^^;実にS170の3倍以上のお値段がしたのですが、現物が届いて今まで撮った画を映し出してみるとそれはもう感動の世界!!むしろ安く感じたくらいです。私好みの低コントラストで実によく解像します。発色も派手すぎずサイコー!これだけ解像度が高いので画像をチェックするとごまかしが効きません。まさに修行用モニターなのです。私はデジタル一眼で撮った画はWebで公開するのが主体であまりプリントしないので買って良かった~と一生懸命自分に言い聞かせています(^^;

早くも設置されたL997。このモニターにふさわしい画を撮れるように頑張らなくちゃ(^^)

CANON EOS5D+EF17-40mmf4Lで撮影

L997の特徴

・1600×1200対応の大型液晶パネルを採用
・ハードウェア制御の縦回転表示:ActiveRotation II機能
・2台のコンピュータ画面を同時に表示:ActiveShot機能
・滑らかな階調を表示するガンマ補正機能
・細かな色相・彩度調整が可能:6色独立補正機能
・表示内容に適したモードを選択可能:FineContrast機能
・低階調部まで鮮明に表示する内部演算処理の14bit化

(ナナオのホームページより抜粋)

投稿者 shirou-miz : 22:42 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月05日

超広角レンズへの道(番外編)

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

南の島へ2度目の遠征が決まった時、また南の鳥さんたちと出会える喜びとあのエメラルドグリーンの海が再び見られる喜びで胸がわくわくしました。前回は鳥撮りしか頭になかったので真面目に風景を撮らなかったのが心残りでした。しかし前回風景用に持っていったEOS20Dは売却されてもう姿はなく、フルサイズのEOS5Dに変わっていました。そしてせっかくフルサイズを持っているんだから超広角レンズの特殊な描写を楽しまなきゃ・・・とこのカメラを買ってから思うようになってきました。実際は17-40mmのLズームを持っていたので実はこれで十分だったのです。ところが一緒に行くメンバーの人がな・なんと20ウン万円も出してキヤノンの14mmf2.8を買ってしまったのです。このレンズは望遠は600mm、広角は14mmといわれるほど高値の花のレンズでした。私も憧れていましたが一体どういうシチュエーションで使ったらいいのか解らず、買うまでには至りませんでした。しかしいろいろなことが頭をよぎります。「14mmの画角であのエメラルドグリーンの海を青い空を入れて撮ったらさぞかしすごい画になるんだろうなあ・・・」しかしどう考えても鳥で使うことが無いレンズに20万円以上も出せません。
でも欲しい、欲しい・・・物欲に火がつくとどうしようもなくなるこの私は計算もせずにカメラ屋に向かいました。意味も無く(実はあるのですが)キヤノン純正2倍テレコンを売却したついでにちらっとキヤノンの新品のショーウインドーを覗いてみました。「やはり無理だ・・・」今回はさすがに広角レンズとあって珍しく私は冷静なんだと思い、実は普通の人の物欲と変わらないではないかと自分を褒めてやりたくなりました。ところがです!そのとなりになんと14mmf2.8が8万円台で売っているではないですか。しかも新品で。私は目を疑いました。「ほ・本当に??あの14mmが??」まあ8万円でもかなり高い買い物ですが20数万円の値札を見せ付けられた私にとってそれはとてもとても魅力的でした。これは買うしかない!!
結局2倍テレコンを売却した下取りやらを含めてなんと5万円台で14mmを買うことが出来ました。「やはり買ってしまったか・・・でもここまで新品で安ければいいだろう・・・」と自分に言い聞かせて店を出て行きました。都会の雑踏の中を「Sigma」の文字が書いてある箱を入れた紙袋を颯爽とぶら下げて・・・(終)

はっきり言ってこのレンズ、風景ではほとんど使えません(^^;それだけ特殊な用途のレンズかな?(何撮るんだ、これで?)

Canon EOS5D
焦点距離 14mm(sigma)
露光時間 1/250秒
F値   8.0
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
カラーモード  風景
撮影日時  06/09/01 13:14/44
ノートリミング

投稿者 shirou-miz : 00:37 | コメント (4) | トラックバック

2006年09月09日

EOS5Dでカワセミ修行

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking130.png

南の島の余韻も覚めやらぬまま近所にカワセミ行ってまいりました。どうせ出の方も悪かろうと思い、サブシステムのEOS5D+ロクヨンで出撃。1280万画素を誇るこのフルサイズ機も鳥撮りとなると画角が広すぎるのと連写もかったるい秒間3コマで修行となります。カワセミは案の定出が良くなかったので修行とまではいきませんでした。
飛びモノを撮る感想としては
 ・画角が広いので被写体を捉え易い
 ・AFは領域拡大をOFFにしたら食いつきが
  良くなった気がする(精度は20Dよりは上)
 ・当たり前だが秒間3コマは明らかにかったるい
 ・バッファ(RAW17枚)は連写が効かないので全然気にならない
 ・もし手ごたえがあったとしたらすごいものが撮れている気がする(フルサイズ症候群)

てなところですかね。あとこのカメラはCMOSのサイズが35.8×23.9mmで実質1.006倍となり、完全フルサイズではありません。ファインダー視野率も96%で必ずしも風景向けとは言えません。ちなみにフラッグシップの1DS2は36×24mmで実画面サイズとなり、視野率も100%。価格の違いが顕著に表れていますね。

本日の数少ない飛びモノ。ノートリと超トリ2枚の比較です。



Canon EOS5D
焦点距離 600mm
露光時間 1/400秒
F値   5.0
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
カラーモード  スタンダード
撮影日時  06/09/09 11:39/53


うーん、日の丸なのでこの場合のベストは構図を作るためのチョイトリでよかったかな?こういう被写体までの距離が遠いシチュエーションはやはりD2Xかな、と思います。距離が15m以内(600mm使用時)だったら5Dも相当威力を発揮しそうですね。


投稿者 shirou-miz : 22:42 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月22日

モニターキャリブレーション

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking22.png

「色かぶり」、これを気にするようになったのはアカショウビンを本格的に撮るようになってからでした。森の中の条件が厳しい中での撮影ですから少しでもssを上げなくてはならない意識が自ずと露出をアンダーにさせます。すると出来上がった画を見てがっかり。緑に被った画をなんと量産しまくり。緑に被るかどうかは状況によりけりですが色かぶりだけは何とかしなければなりません。人間の目とは不思議なもので色の傾向に目が慣れてきて客観視できない状態になっていきます。そこで他人からの指摘で気付くもので、かくいう私もその一人です(爆)。そこで前置きが長くなりましたが、まずはしっかりとした色の環境で現像できたらと思い、モニターキャリブレーションツールなるものを買ってきました。その名も「gretagmacbeth Display Calibrator」という横文字が嫌いな人がみたら発狂しそうな名前ですがかの有名な「iOne Display」のメーカーです。要は「iOne Display」の廉価版で1万数千円で購入。細かい設定はできませんが、これだったら購買欲が湧きます。ディスプレーはEIZOの17インチ液晶モニターですが、さっそく試したところやはり色がかなりずれていました。キャリブレーション後はマゼンタ被りに見えますがそれだけ今まではグリーンに被っていたと思われます。思わぬ発見!!このツールをどこまで信用していいかわかりませんがiOne Displayのメーカーということで思いっきりあてにしようと思います(爆)。

ディスプレーにこんな感じでくっつけます。お手軽操作でとても楽しい(^^)


スタンドに立てた状態のセンサー。環境光を測定します。定期的にLEDが赤く光ってその気にさせます(笑)。


輸入元によっては「huey」という名で売られているみたいです。(中身は同じだと思います)

投稿者 shirou-miz : 22:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月12日

EOS5D、颯爽と登場!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking22.png

機材を売却したのはいいがそこで終わらせないのが物欲マンの私。(^^)かねてから欲しかったフルサイズデジ一眼、EOS5Dを20Dの後継機にと思い逝っちゃいました。主に風景で使う予定ですが当然カワセミでもテストをします。ですからキヤノンのロクヨンISは欠かせません。秒間3コマはパシャコン、パシャコンと非常にかったるいですがシャッター音はさすが30万円のカメラ。20Dよりは遥かに上質な音を奏でます。内部で音がしっかりと吸収されている気がします。AFもMarkⅡとそんなに遜色がないくらい来ると思います。ただ中央のアシスト6点AFがテストするチャンスが少なくて効果を見出せなかったのが残念です。明日の課題かな?画質に関してはさすがフルサイズ1280万画素。解像感>といいバックのボケ方といい申し分ありません。等倍画角のカワセミは超トリ必須ですが後は下の画をご覧になって下さい(^^)

ノートリでとりあえず一枚。やはりちっちゃいなあ。下のと比較用です。

Canon EOS5D
焦点距離 600mm
露光時間 1/125秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
ピクチャースタイル ニュートラル
撮影日時 06/08/12 07:56/57
ノートリミング

上の写真をほぼピクセル等倍に超トリしたもの。

Canon EOS5D
焦点距離 600mm
露光時間 1/125秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
ピクチャースタイル ニュートラル
撮影日時 06/08/12 07:56/57
ピクセル等倍トリミング

広いファインダー、更にバックのボケ方は銀塩時代を思い出します。

Canon EOS5D
焦点距離 600mm
露光時間 1/160秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
ピクチャースタイル ニュートラル
撮影日時 06/08/12 08:40/46
大トリミング

このカメラは違う映像の世界を見せてくれるか?

Canon EOS5D
焦点距離 600mm
露光時間 1/160秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
ピクチャースタイル ニュートラル
撮影日時 06/08/12 09:19/15
超トリミング


え?トビモノがないって?秒間3コマではつらいっすよ(^^;(でもひそかにねらっていたりして・・^^;)

投稿者 shirou-miz : 19:26 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月08日

さらば、ヨンニッパIS!!そしてEOS20D・・・

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking110.png


ニコン装備を追加して以来、これといって所有機材に変動がなかったのですが度重なる遠征による金銭苦によりついに最近出番のなかったキヤノンのヨンニッパISをいつもの鳥撮り仲間に手放してしまいました。思えばこのレンズから画質に対しての考えが開眼したといっても過言ではありません。ニコンのヨンニッパを手に入れてなければ今でもメインレンズになっていたのは間違いありません。新たにヨンニッパデビューされた仲間の方には是非ともこのレンズの素晴らしさを堪能して頂ければと思います(^^)
そう、さらに機材のリストラ化は進みこれまたほとんど出番のなかったキヤノンEOS20Dも某カメラ屋に売りに出されました。このカメラもAPS-Cサイズで800万画素というお気に入りのスペックだったのですが、結局ニコンのD2Xに追い出される羽目になりました(^^;どちらの機材も大変お世話になりました。維持してあげられないスーパー貧乏君でゴメンネ。

在庫より(ヨンニッパ&20D)

Canon EOS20D
焦点距離 560mm
露光時間 1/40秒
F値   4.0
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
撮影日時 05/08/21 08:30/18
ノートリミング

気づいてみたらランキングの順位が一時10位に入っていました(^0^)信じられません。これも応援してくださっている皆さんのおかげです。感謝、感謝、感謝!!

投稿者 shirou-miz : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月14日

ニコンへの道(7)~修行カメラD2X~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking(yamasemi2).png


いいことづくめで買ったはずのD2Xですが、これが使い始めてみると思いもよらない落とし穴がたくさん待ち受けていました。まず第一にAF。キヤノンのAFに慣れているとこれには驚かされます。カワセミのとまりものを撮る時でも枝から出っ張った小枝にピントを引っ張られてスースースースー・・・とAFがけたたましい音を立てて抜けまくります。まあ私はAFを宛てにする撮り方はあまりしないのでこの辺は我慢できます。ところがカワセミの水面飛びは80%はAFに依存しているのでMarkⅡの45点AFのような物を期待していると思いっきり裏切られます。それもそのはず、D2Xの11の測距点はmk2の45点のように真ん中のエリアに密集していません。ですのでカワセミのような小さな鳥さんのトビモノを撮ろうにも真ん中の測距点で捉え続けるしかないのです。45点AFのように真ん中の広いエリア内で動きモノに追従するような代物ではありません。そう、まさにこのカメラは私に大事なシーンはMFで撮りなさい、と言っているのです。
水面飛び撮影に関してはものすごく痛手となりました。あ、そうそうホバもキヤノンに比べるとよくAFが抜けるような気がします。(状況によってですが)
あと第二は解像度が高い代償としてちょっとした描写の甘さも許容しないということです。よくMarkⅡのモニターはもや~んとしていてPCに取り込むまで撮った画は分からないと言われていますが、D2Xはモニターで見てほんの少しでも・・・・ん?と思ったらPCに取り込むとひどい状態になっています。いわゆる完璧か駄目かがモニターですぐに分かってしまいます。ですので画像の消去作業はものすごく楽です。良いか悪いかのどちらかですから俗に言う「救える画像」なんてありやしません。残念ながら撮った画像は殆どがゴミ箱行きです。こんな辛いカメラはありませんね。
私はこのカメラを購入してから3ヶ月間、1回だけ小鳥さんでキヤノンで出撃したのを除いてカワセミ撮影は全部ニコンで行いましたが在庫が思うように増えていかないのが事実です。それは殆どがカワセミの目が流れたりしているブレ写真であり、バチピンでない甘い画像だからです。でもこのカメラにはとんでもない魔力が潜んでいて確率的には低いかもしれないですがその嵌った時の物凄い魔力を引き出したくて仕方がなくなる不思議なカメラなのです。ブレ写真にならないためにISOを上げればノイズがゴワゴワ顔を出してきて、低速ssにもキヤノンに比べて弱いような気がする・・・これはおそらくニコンの長玉(ロクヨン、ヨンニッパ)の三脚座の位置に起因しているのではないかと仲間の方が言っていました。このように修行カメラなのですが何故か毎回当たり前のように持ち出してしまうのです。そう、もしかしたら撮れるかもしれない完璧描写の画を期待して・・・・・

在庫より

Nikon D2X
焦点距離 550mm(1100mm相当)
露光時間 1/640秒
F値   4.0
ISO  100
露光モード M
Nikon Capture Editor 4.4→PhotoshopCS2
撮影日時 06/03/13 09:57/42
クロップ、大トリミング

投稿者 shirou-miz : 21:53 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月07日

ニコンへの道(6)~超望遠カメラD2X~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking150.png


ついに初のニコン装備となるD2XAF-Sのヨンニッパ2型を揃えてしまったわけですが何故レンズはロクヨンではなくヨンニッパにしたかというとニコンは画角がキヤノンのEOS-1系の1.25倍に比べて1.5倍となり、さらにクロップモードだと2倍になるのでヨンニッパ単体で800mm、いわゆるハチニッパ状態になるのです。これは1DMarkⅡにロクヨン単体より画角が狭くなり、それでいて開放が1段も稼げてしまうのです。しかもニコンだけの1.7倍テレコンも使えてしまい、最高で画角が1360mm相当になるのです。これはカワセミのホバ撮影には有難いですね。これがD2Xでロクヨン単体だと1200mm相当、1.7倍テレコン使用で2040mm相当(注:開放f4のレンズだとAFも効かない上に画質も相当落ちます)でデジスコも真っ青の画角です。しかしながら私の撮影スタイルにここまでの画角は必要なく、ブレのリスクを考えるとヨンニッパが一番バランスががいいと考えたのです。まあバックのボケ味とかを考えてしまうとロクヨンには及びませんが・・
まずニコンを初めて使ってみての感想は発色が素晴らしいの一言でした。特に青系、緑系が私好みです。カワセミのコバルトブルーが思い通りに出ます。現像ソフトのニコンキャプチャーで色をあれこれいじる必要は無いと思います。特にモードⅢ及びモードⅢaの発色は私好みです。
操作系に関してはシャッターダイヤル、絞りダイヤル共に違和感無く使えましたがピントリングだけはキヤノンと全く逆のため如何ともし難いです。カワセミの飛び出しと同時に手前、手前、手前・・・に引くと手に覚え込ませてやっと最近、無意識のうちに左手が動くようになりました。でもたまに右に送る側は手が躊躇することがあります(去りゆくのトビモノは真剣に狙っていないからかな・・)。シャッター音に関してはクロップ時の連写音は私的にはMarkⅡの音より撮っている~♪という感じがして好きですね。ノンクロップ時の5コマの音はなんだか頼りない音がします。あと嬉しいのはバッテリーがMarkⅡに比べて半分くらいの大きさであること。これは助かります。カメラの総重量も結構違いますからね。充電器もコンパクトでGoodです。(MarkⅡのがデカ過ぎ・・)あともう一つ嬉しいことはキヤノンに使っていたニコンのレインカバーが堂々と使えることです。(そんなのどうでもいいっちゅうに・・・)とまあここまでいいことを並べておいたので無理して買ってよかったと自分に言い聞かせるのでした。(次のコラムに続く)

デビュー時の在庫です。以前にも貼りましたが当時と違う視点で現像しました。(デビュー時ということで描写が甘いのはお許しを・・)

Nikon D2X
焦点距離 400mm
露光時間 1/800秒
F値   2.8
ISO  100
露光モード M
Nikon Capture Editor 4.4
撮影日時 06/03/11 14:31/23
ノンクロップ、トリミング

投稿者 shirou-miz : 22:07 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月31日

ニコンへの道(5)~D2Xへの想い~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking22.png


ニコンD2X、画質のフラッグシップ機であるD1Xの後継機としてH17年の2月に発売になりました。有効画素数1240万画素、秒間5コマ、これだけならカワセミの撮影にはあまり魅力を感じなかったのですがなんと当時の速写のフラッグシップ機D2H顔負けのクロップ高速モードで画角がなんと35mm換算で2倍、秒間8コマ、RAW時のバッファが29枚という画質と速写性の両立をさせたハイスペックマシンでした。クロップモードとはファインダースクリーンの枠内を切り出して画素数を減らすことによって連写を稼ぐというカメラ内のトリミングと考えていいでしょう。これでも約680万画素を誇ります。当時キヤノン使いの私には非常に羨ましくこのカメラを横目で見ていましたが、使っている人の話だと高ISOに弱く、気にする人はISO200でも非常にノイズが気になるということやクロップは所詮おまけ機能でファインダーの枠内に収めるのは難しくトマリモノの時には構図が取りにくい、などと聞いていたのでやはりニコンはキヤノンにはかなわないんだなと思って少し安心していたのでした。
ところがそのD2X使いの人が撮る画は解像感のある非常に素晴らしい画でした。もちろんこのカメラを使いこなす超一流の技術があるからこそですが、私と同じ場所で撮った遠いカワセミのバチピンブレ無しのトマリモノ画像を比較するとあきらかに質感が違うのです。MarkⅡの画に限界を感じ始めていた私には非常にショッキングでした。(限界というのはあくまでも私の撮り方でということです)しかも以前からニコンの発色はカワセミのコバルトブルーや新緑の緑色を表現するのにぴったりだと感じていました。画質に破綻が無くノイズ感のないのっぺりした感じのキヤノン。低ISOでも若干ノイズ感が残るが解像感のあるニコン。この両者の特長は本当に対照的だと思います。しかしD2X使いの人の画を毎回のように魅せられて(いや見せられてか?)いった私はD2Xで撮っている自分が夢にまで出てきたのです。ここまでくると今までのパターンでは我慢できなくて買ってしまうのですが、物欲モード全開時に1週間だけ我慢できたのです。(そんなの自慢になるか・・)そしてやはりD2Xをポチッと逝ってしまったのです。D2Xの倍近い価格のヨンニッパ2型と一緒に・・・(次のコラムに続く)

在庫より

Nikon D2X
焦点距離 400mm(800mm相当)
露光時間 1/640秒
F値   2.8
ISO  100
露光モード M
Nikon Capture Editor 4.4
撮影日時 06/04/19 15:02/48
クロップ、トリミング

投稿者 shirou-miz : 21:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月24日

ニコンへの道(4)~そしてMarkⅡの限界を知る~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking130.png


EOS-1DMarkⅡ、このカメラを手にしてからは約2年近くに渡ってメイン機として活躍してきました。思えば私はMF機のAE-1Pを手に入れてからはデジタルの現在に至るまでずーっとキヤノン一筋で来ました。特別にこだわっていたわけでもありませんがLレンズにほれ込んでいたという部分もあります。ですから他のメーカーなど全く見向きもしませんでした。
話がそれましたが、MarkⅡは前のコラムで述べた通り全く破綻の無い素晴らしい画をはき出します。ノイズもグリーンノイズがちょと気になるくらいでISO200まででしたら先ず問題ないと言っていいと思います。(まあ個人の許容量にも拠りますが・・)
しかし人間の欲とはきりがないものでMarkⅡの画も撮っていくうちに飽きが来てしまったのも事実です。ここから先は偏見になりますので予めご了承願いたいですが、MarkⅡの画はやはり映像エンジンでノイズをある程度消してのっぺりさせてしまっているキヤノン特有の画なのです。要するにのっぺり=解像感に乏しいという思いが強くなっていったのです。CMOSの前には偽色やモアレを防止するためにローパスフィルター(私、この辺はあまり自信ありませんが・・)があってこれの存在も解像感を低下させていると思います。では何故、解像感なのか?カワセミを撮っていくと行き着くところはやはり超トリして大きくして被写体の質感を出したい、というところだと思うのですがMarkⅡの解像感だと私の撮りたいイメージと微妙に違う感じがしてきたのです。いや、このカメラはその点においても素晴らしいかもしれません。質感、解像感は被写体までの距離が近いのが一番ですが、少々離れていたって(でも30m位までが限界か?)質感は解像度が高ければ出せます。しかしMarkⅡは画角が1.25倍で1.7倍テレコンも無い、600mm単体でたった750mm相当、1.4倍テレコンで画質は今ひとつ、となると超トリ必須ですね。この頃は確かカワセミまでの距離が30m以上になることはざらにあるフィールドに通っていたのでこの頃に限界を感じていたのかもしれません。下にアップさせて頂く一枚は以前、日記に貼ったものと同じですが、カワセミまでの距離が確か30mちょっと位だったと記憶していますが、私はこの画を見てMarkⅡの解像感の限界を感じたような気がしました。いろいろなご意見あるかとは思いますが被写体までの距離があるものは質感を出すのは難しいと感じさせてくれた一枚でした。(まあ当然のことなんですが・・)


Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 560mm
露光時間 1/640秒
F値   5.6
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
撮影日時 06/02/18 13:50/54
超トリミング(3504→1335pixその後800pixにリサイズ)

投稿者 shirou-miz : 22:49 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月19日

ニコンへの道(3)~万能カメラEOS-1DMarkⅡ~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking110.png


銀塩のフラッグシップ機EOS-1vを手に入れてからは風景写真をメインに撮り続けました。この当時はいわゆる大口径の大三元ズーム(16-35mmf2.8、28-70mmf2.8、70-200mmf2.8)を駆使していたわけですが憧れていたサンニッパもいい中古の出物があったので購入しました。まあ風景で300mmなど山の写真以外あまり出番が無かったのが事実ですが。
そして月日が流れ、初めてカワセミと出会い、最初はこのカメラで撮っていたのですが、銀塩の限界を知ってデジタルに移行してこのコラムシリーズの最初の方でお話したと思いますが、EOS10D→EOS-1DMarkⅡと機材が変わっていったのです。
そしてキヤノンの速写性能ではフラッグシップであるEOS-1DMarkⅡは購入してから約2年間に渡って現在も活躍し続けています。まあこの機種はマイナーチェンジしてMarkⅡnに進化していますがさほど大きな違いが無く、それだけ完成度が高いカメラだったと思います。
特に画素数は820万画素ながらその余裕の画質。CMOSがAPS-Hサイズでフルザイズに近いうえ(35mm換算約1.25倍)、画素数を欲張っていないので画素ピッチに余裕があります。ここがこのカメラの全てと言っていいでしょう。ダイナミックレンジも広く白とびもしにくく、ノイズもISO200までは殆ど気になりません。ノートリだったらISO800でもいける場合もあります。ですからトリミングもし放題で画質も懐深くアンダー、オーバーであれやこれやいじってもほとんど破綻しません。あと特筆すべきはAF性能です。EOS-1系の誇る45点AFは白眉です。風景を撮っていた時は測距点がもう少し広がっていた方がいいと思っていましたがカワセミの水面飛びの場合は中央に寄っているこの45点が生きてきます。一旦、真ん中の測距点で被写体を捉えてエリア内で追従するこのAFはカワセミの水面飛び撮影を可能にします。ヨンニッパ単体だったらf2.8のクロスセンサーが生きてくるので超俊敏なAF撮影が可能です。
あとISO50の存在も見逃せません。ピーカンの日にホバ狙いで意図的にssを落として羽のブレを出したい時などとても使えます。exifデータにISO50と出ると一種の快感みたいなものがあります。
改めて思いますがこのカメラは凄いです、はじめた頃は撮影が不可能だと思っていたホバやトビモノをバンバン撮らせてくれます。50万ほどした高い買い物でしたがとっくに元を取っていると思います。それだけ完成されているカメラなのです。(次のコラムに続く)

在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 600mm
露光時間 1/1250秒
F値   4.0
ISO  200
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
撮影日時 05/03/12 12:44/09
大トリミング

投稿者 shirou-miz : 22:17 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月13日

ニコンへの道(2)~フラッグシップへのこだわり~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking88.png


銀塩のキヤノンEOS7を購入して再び手を染めた私は廉価版の標準ズームをつけて風景写真を撮るようになりました。フィルムはリバーサルをスリーブで現像してもらってライトボックス上でルーペで鑑賞することが殆どでした。ところが何か物足りない。そう、中級機のEOS7はファインダー視野率が92%くらいだと思ったからファインダー外のものまで写り込んでしまっているのです。まあ銀塩の中級機はネガフィルムを使ってプリントして楽しむ人を中心に作っているので、プリントすれば自動的にトリミングされて視野率100%近くになるといったことでそうしているのでしょう。
じゃあリバーサルを中心に使う人はどうなんだというと視野率100%のフラッグシップ機を使いなさい、ということになるのでしょう。この当時のキヤノンの銀塩最高級機は紛れもなく「EOS-1v」なのです。私がこれを意識した時には既に購入してました(爆)。某カメラ屋さんでモータードライブ付の「EOS-1vHS」を22万円くらいで購入しました。デジタルのフラッグシップから考えると安い!という印象がありますが、それは50万円以上のカメラや長玉レンズを平気で買う「鳥屋」の感覚であり、こうなると社会復帰が難しい人たちです(私も含めて)。
話が横にそれましたがこのカメラは視野率だけでなくマグネシウムボディの質感、首からぶら下げたくない重量感、フラッグシップとしてのステータス、そしてその運動神経に惚れ込んだのです。なんと秒間10コマ!!(ニッケル水素パック使用時)AIサーボでも9コマ!!AE-1Pにモータードライブを着けても4コマしかいかないのにこのカメラは一体どういう構造をしているんだ、と思うばかりでした。大体10コマなんてどんなシチュエーションで使うんだ、と連写をあまり使わない風景写真をメインで撮っている私は考えました。(まあ今カワセミのトビモノを撮るには是非これくらい欲しいですが・・)でも早いは偉い!ということでそのスペックに惚れたわけですから私も俗に言う「スペオタ」(スペックオタクの略)だったのかもしれません。でも恥ずかしい話秒間10コマは空打ちでしかやったことがありません(爆)。1本800円位するフィルムが4秒足らずで無くなるなんてとてもとても・・・・(次のコラムに続く)

キヤノンEOS-1v

発売年月 2000年(平成12年)3月
発売時価格 270,000円
北米名称 EOS-1V
欧州名称/アジア名称
オセアニア名称 EOS-1V
 EOS-1Vは、EOS-1Nの後継機として開発されたプロ用最高級AF一眼レフカメラで、多彩な先進技術を搭載している。No.1AF性能の実現:約9コマ/秒の連続撮影に追従する動体予測AIサーボAF(PB-E2装着時)と被写体捕捉能力に優れた高速・高精度45点エリアAF。
 高速連続撮影:最高約10コマ/秒の高速連続撮影(PB-E2装着時)。プロの過酷な要求に応える信頼性の更なる向上:EOS-1N、EOS-3を上回る優れた防滴・防塵性、最新のチクソモールド成形技術によるマグネシウム合金製高強度外装、作動耐久15万回を実現した。EOS-1Nの基本性能継承と更なる充実:先進のEOS-3露出制御システムのプロ対応化を行い、1/8000秒、X=1/250秒の高速シャッターを搭載。
 ファインダー仕様と基本操作はEOS-1Nに準拠統一し、EOS-1N系底面装着システムアクセサリーも共通化した。
 撮影データ記憶機能搭載:36枚撮りフィルム100本分(標準設定状態)のデータが記憶でき、コンピュータ上での閲覧・編集が可能(ES-E1使用)となった。
 多彩なカスタマイズ機能:20種のカスタム機能、31種のパーソナル機能を搭載。
 コンピュータとの通信機能:EOSリンクソフトウェアES-E1が同時発売された。マクロアクセサリーの充実:EF100mm F2.8USM、マクロリングライトMR-14EX同時発売

(キヤノンカメラミュージアムより転載)
*私が所有していたのはパワードライブブースターPB-E2付のEOS-1vHSです。

投稿者 shirou-miz : 23:05 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月11日

ニコンへの道(1)~私のカメラ歴~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png


私が一眼レフを初めて手にしたのは中学校1年生の時でした。お小遣いとお年玉をやっとこさ貯めて当時のキヤノンAE-1P(プログラム)を買ったのを覚えています。そう、この頃はてっちゃん(鉄道少年)だったのでブレートレインや機関車を撮りに上野駅だ東京駅だと奔走していました。当時家にはオリンパスペン・EE2?(詳しい名称は不明)がありましたがこのカメラではピントが広角固定のパンフォーカスでしっかりとピントの合った写真など皆無でした。そこで当時の友達の影響で一眼レフが欲しくなったのです。レンズは最初標準NFD50mmf1.8、さらにお小遣いが貯まってNFD70-210mmf4の直進式ズーム、さらに広角NFD28mmf2.8と最終的には3本になりました。この当時から物欲マンの資質が出ていたわけです。しまいにはニッカドパック付秒間4コマのモータードライブが付いていました。鳥に限らず動きモノには連写が必須だったからです。
この当時はマニュアルフォーカスしかなかったので走ってくる機関車を狙っていた時は予めレールの継ぎ目に置きピンしていました。そこで連写をかませばバチピンのものが一枚はありました。
時は流れ、高校に進学してからは鉄道&カメラ熱が覚めてしまい、再び一眼レフを手にした時は三十路を過ぎてからでキヤノンはAF主体のEOSシリーズになっていました。マウントもFDマウントから口径の大きいイオスマウントになっていたのです。よくもFDユーザーを切り捨てたなあとキヤノンの潔さには驚くばかりでしたがもっと驚いたのは各メーカーともオートフォーカスが当たり前のように普及していたことです。約15年の間に進歩したものだなあと感心するばかりです。そうそう、この時買ったカメラは中級機のEOS7です。昔のカメラは売り払っていたので丁度いいカメラが無かったので、旅行に行った時再びカメラ熱に火がついたのです。(その2に続く)

キヤノンAE-1P

発売年月 1981年(昭和56年)4月
発売時価格 92,000円(ニューFD50mm F1.4SSC付き)
86,500円(ニューFD50mm F1.8SC付き)
60,000円(ボディ)
北米名称 AE-1 Program
欧州名称/アジア名称
オセアニア名称 AE-1 Program
 AE-1が世界規模で大ヒットしながら、5年の歳月が流れ、シャッタースピー ド優先式TTL・AEに加えて、A-1で採用した、押せば写る完全自動のプログラム式AEに対する要望も市場から多く寄せられるようになった。
 AE-1 プログラムは、それ等の要請に応えるべくAE-1の発展型後継機として開発された。自動露出の機能には、シャッタースピード優先式AEにプログラムAEを搭載したデュアルモードとし、A-1で好評のパームグリップを採用した。さらに、高性能のモーター ドライブMAの共用化を図っていた他、ファインダー内情報表示にもLED点灯方式のマスク照明を採用するなど著しい進化を遂げていた。
 モータードライブMAを共用使用するために、接続接点は2接点から3接点へと変わり、パワーワインダーAを高性能化して1コマ/連続撮影の切り換えのついたパワーワインダーA2になった。
(キヤノンカメラミュージアムより転載)*実際所有していたのはブラックボディです。

投稿者 shirou-miz : 23:53 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月04日

長玉への道(9)~ロクヨン万歳~

気に入って頂いた方はレッツクリック!

ranking33.png

さて、このコラムのシリーズもカワセミ撮影を始めた時に遡って続けてきましたが、ようやく現在の約半年前まできました。所有する長玉はゴーヨン(売却済み)、ロクヨン、ヨンニッパ、そして偵察用にサンニッパと風景写真をメインでやってた時からは想像もつかないような超高級レンズのラインナップとなりました。
特にヨンニッパを手にしてからは映像の世界が自分自身の中で大きく変わり、とにかく大きくアップで写せればいいという考え方が変わりました。とはいっても所詮は400mmですのでファインダーで覗いて見るカワセミの姿があまりにも小さいことが多く、1.4倍テレコンが欠かせません。この組み合わせが単体ヨンニッパと比べてさほど画質の劣化が見られないことがこのレンズをメインで常用できる全てだと思います。しかも開放でいけてしまいます。(2/3段ほど絞ればほぼ完璧です)1.4倍テレコンを常用して560mmf4・・・このロクヨンとほとんど変わらないスペックはロクヨンの存在価値を私の中で薄れさせロクヨンが必要ないのでは?と思い始めるようになりました。AFの作動範囲を限定するフォーカスリミッターなるものがありますがこれを効かせた場合、ロクヨンISだと16.2mが最短になりますがヨンニッパISだとこれがなんと10mになります。カワセミが枝から飛び出して至近距離まできてホバリングをすることを想定するとフィールドによっては16.2mの範囲内に来ることはたまにあります。AFのレスポンスをよくする意味でも特に使う機能ですのでこの差は大きいと思います。
・・とここまでくるとロクヨン不要説まで出てくるのですがある日、私は過去にロクヨンで撮った画像を整理していると、画は平凡なのですが驚くようなバチピンのカワセミの水面飛び出しの画が出てきました。絞っていると思いきやデータを見ると開放なのです。それはロクヨンの描写の甘いイメージは微塵もなく、ものすごいシャープな画でした。よくよく考えてみるとロクヨンは描写が甘いのではなく、ヨンニッパよりピントが合いにくくしかもぶれやすいのではないかと思いました。ピントは当然のごとく超激薄被写界深度ですから合いにくいのは当然ですし、ヨンニッパに比べて鏡筒が長いのでぶれやすい条件は揃っています。そう考えてみると鳥屋の皆さんが当たり前のように使っているロクヨンは物凄く使いこなしが難しいレンズだと思います。本来の素晴らしい描写があまりにも難しくて出しにくいのです。ですからヨンニッパを使い始めてその描写に驚いたのはレンズがすごいのではなく、私があまりにも下手くそでロクヨンを使いこなしていなかったのです。やはり描写云々を機材のせいにしてはいけないなあとつくづく痛感しました。
・・と感じたことをそのまま書きましたが前述したことはあくまでも私の個人的見解でありもっと詳しい方から見れば間違った見解かもしれませんが、あくまでも1ユーザーとしての意見を述べさせて頂きました。前述したロクヨンの画像を下に貼っておきます。(次のコラムに続く!?)

上記の在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 600mm
露光時間 1/1000秒
F値   4.0
ISO  200
露光モード M
D.P.P ver2.0.3.7→PhotoshopCS2
撮影日時 05/07/18 10:14/02
超トリミング

投稿者 shirou-miz : 22:40 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月28日

長玉への道(8)~帰ってきたサンニッパ~


ranking2.gif
気に入って頂いた方はレッツクリック!

偵察用レンズ」を何にするかサンヨンIS(300mmf4)は手ぶれ補正が入っていて良いがいかんせん300mmでは近距離の描写しか使えないだろうし、高画質で定評のある(400mmf5.6)はISが無い分手持ちではぶれやすくなる。100-400mmのズームはIS付なので手持ちはいけるがズームレンズの解像感はやはり限界がある。トリミングしてカワセミの質感を出すような画はほとんど期待できない・・・まあ偵察用のものにそこまで画質にこだわってもしょうがないのですがやはり普段使っているヨンニッパやロクヨンの描写で手持ちできるレンズを追い求めてしまうのは事実です。
そんなある日、待望のお給料が出て仕事の帰りに「偵察用レンズ」を見に行こうと都内の有名カメラ店に出向きました。すると入り口付近の新品ショーウインドーに可愛い長玉が鎮座しているではないですか。これぞ私がちょうど1年前に泣く泣く手放した「サンニッパ(300mmf2.8)IS」だったのです。久々のご対面でした。(といってもそれは全然関係ない新品でしたが・・)そしてこのレンズをショーウインドー越しに眺めていると1年前のカワセミのトビモノ写真を覚えたてで2倍テレコンをつけたこのレンズで一生懸命修行していた頃を思い出したのです。
ゴーヨンを手に入れた関係でやむなくサンニッパを手放したのがこのカメラ屋でした。「そうか、1年前ならメインレンズで2倍テレコンを入れて600mmとして使うのが当たり前だったが、今はこれに1.4倍テレコンをつければヨンニッパと同様にほとんど画質の劣化がなく、420mmf4の手ぶれ補正付偵察レンズとして使えるんだ・・・」私の頭の中ではこのようなことを考え始めていたのです。10万円くらいのレンズを見に来たつもりが何故か新品50万円程のレンズの話に切り替わっているのです。いったん私は店をでて頭を冷やそうとしました。ところが頭を冷やすどころかポケットから携帯電話を取り出し電卓モードにして支払いのシュミレーションを開始したのです。ここまで来ると誰も私を止めることは不可能です。(誰も止めやしないって?)そして30分後にはお店の電話口で「いつもの口座で・・・」と○○信販の人と打ち合わせを終えて片手にはレンズトランクを手にしておりました。あああ・・・・・またまたやってしもうたぁ・・・・・・・・でもハンドルネームで名乗っておいて持っていないのはかっこ悪いや・・・なんて帰りのバスの中でまたしても物欲に負けた自分に必死に言い訳をしているのでした。(次のコラムに続く)

当時の在庫より

Canon EOS20D
焦点距離 420mm
露光時間 1/125秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
SILKYPIX Developer Studio 2.0.17.1→PhotoshopCS2
撮影日時 05/10/30 11:55/39
ちょいトリミング

投稿者 shirou-miz : 23:31 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月23日

長玉への道(7)~偵察用レンズ~


ranking2.gif
気に入って頂いた方はレッツクリック!

ヨンニッパを手にしてからはそのシャープな描写力に惚れこみ、ほとんどメインレンズと言ってもいいほどの使いようでした。2倍テレコンも試しに使ってみましたが思ったほどのの画質低下も感じられずまあまあ使い物になるレベルでした。ただしキヤノン純正のテレコンだとAFが極度に遅くなるので常用は厳しいですが・・・
ところがこの万能レンズも400mmながらf2.8という明るさゆえ、その重さがロクヨン級というところが見逃せない点でした。意外に知られていないのがこのヨンニッパISはロクヨンISより10gほど重いのです。外見はヨンニッパの方が約10センチほど短く、直径も5mmほど小さいのですが、ガラスの重さがそれを上回っているのです。しかしロクヨンに比べて寸胴のせいかしっかりとした雲台に固定した状態であればロクヨンよりぶれにくいのは事実です。ロクヨンが難しいと言われている理由は被写界深度の浅さの他にこういう部分もあるのでしょうね。
そんなわけで私のとり撮りライフはヨンニッパ中心に進んでいくのですが、人間の欲望とは恐ろしいもので長いのが揃うと今度は短いのが欲しくなるわけです。というのもこの頃は新たなフィールドを求めて偵察に行くことがしばしあり、カメラに付けて首からぶら下げられてそこそこ焦点距離のあるレンズの必要性に駆られたわけです。候補としてはサンヨン(300mmf4)IS(手ぶれ補正)付、ヨンゴーロク(400mmf5.6)、ズームの100-400mmf4.5-5.6IS付などが挙がりました。いずれのレンズも重さは1kg代でキヤノンの誇るレンズであります。お値段も10万円代で買えるものです。(10万円代と軽々しく言っていますがもう既にこの頃は金銭感覚が麻痺しています)
この「偵察用レンズ」を何にするかまた新たな物欲レンジャーが顔を出し始めたのです。(次のコラムに続く)

当時の在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 560mm
露光時間 1/500秒
F値   4.5
ISO  160
露光モード M
D.P.P ver2.0.3.7→PhotoshopCS2
撮影日時 05/09/19 09:28/01
トリミング

投稿者 shirou-miz : 21:31 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月15日

長玉への道(6)~カミソリヨンニッパ~


ranking2.gif
気に入って頂いた方はレッツクリック!

ヨンニッパ(400mmf2.8)を買うために一大決心で愛玉ゴーヨン(500mmf4)を手放しました。そして早いもので翌日にはヨンニッパを買いに行ってました。私は欲望に火がつくと今すぐに実行しなければ気が済まなくなる性質でこれは昔から変わりません。幼少の頃、母親にデパートに連れて行ってもらって母親が気付かない間に私はおもちゃ売り場に行っていたそうです。そしておもちゃを箱から出して地面に並べて後から私を探しに来た母親がそのおもちゃを買わざるえなくさせるずるいガキだったそうです。
そんなガキがそのまま30年以上生きてきたわけですから「おもちゃ」が「高級なガラスの集まり」に進化しただけの話です(爆)。
さて前置きが長くなりましたがこのレンズははっきり言って「すごすぎ!」です。開放f2.8でピントがくるとその描写たるやまるでカミソリのような切れ味です。この描写に匹敵するレンズは被写体までの距離が近い場合の単体サンニッパくらいしか思いつきません。このヨンニッパは被写体までの距離が20mくらいまでであれば完璧です。それ以上はロクヨン(600mmf4)に任せればいいのです。
ところがです。最初は単体で性能をはかっていましたが1.4倍テレコンをつけると焦点距離560mm、開放f値4.0とほぼロクヨンと同スペックになるのですが、その描写がロクヨン単体よりシャープなのです。最初私は疑いましたが何度試してもロクヨンの開放から2/3段絞りくらいに匹敵する描写をするのです。はっきり言ってこのレンズは恐ろしいです。スポーツ写真専用のレンズだと思っていたのが何だったのか。
そしてサブレンズのつもりで購入したこのレンズがいつしかメインレンズになってしまうのでした。そう、鳥の写真は最初は焦点距離命」で大きく撮れれば偉い!という風潮がありますが、焦点距離がやっと超望遠と呼べる400mmこそ画質の鍵を握る大事な存在だったのです。(次のコラムに続く)

当時の在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 400mm
露光時間 1/500秒
F値   2.8
ISO  200
露光モード M
D.P.P ver2.0.3.7→PhotoshopCS2
撮影日時 05/07/30 07:47/30
ちょいトリミング

投稿者 shirou-miz : 21:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月07日

長玉への道(5)~さらば、ゴーヨン~


ranking2.gif
気に入って頂いた方はレッツクリック!

ロクヨン(600mmf4)を手に入れてから半年が過ぎ、このレンズでカワセミのトビモノやらホバやらを撮れるようになってなんら不満のない日々を過ごしていました。ただ気になっていたのがサブレンズになってしまったゴーヨン(500mmf4)の出番が殆どなくなりロクヨンを購入してから3回ほどしか使っていなかったことでした。
そして2005年の7月のことでした。かの地のホバホバ祭りが終わり、再び道場フィールドへ戻ってきました。いつもの仲間とカワセミのトビモノを狙うのですが、今までのフィールドがカワセミまで最低30mはあったので、このカワセミまでの距離が20mに満たないフィールドではトビモノが全くと言っていいほどフレームインしません。そう、すっかり前のフィールドの癖がついてしまったのです。そこで仲間の一人がトビモノ撮影用になんとヨンニッパ(400mm、f2.8)を持ってきたのです。私はC社のヨンニッパにお目にかかるのは事実上この時が初めてでした。400mmとくればスポーツ写真が思い浮かびますが鳥屋で400mmはあまり聞くことはありません。まずは被写体の大きさ命ですから・・・
そのヨンニッパユーザーの方は面白いようにカワセミのトビモノをフレームインさせていて、その日の夜にその方のブログの掲示板にアップされた画を見てみると唖然としました。
(開放f2.8でなんでこんなにシャープなんだ・・・)
それまでの私のヨンニッパの印象は、開放f2.8は激薄ピントでおそらく描写は甘いであろう・・しかも400mmでf2.8など光学的にも無理をしているだろうからロクヨンよりモヤ~ンとしているのだろうなあ・・と勝手に想像していました。しかしヨンニッパを通して映し出されたカワセミはウルトラシャープなのです。しかもコントラストもロクヨンより強く感じ、被写体のカワセミが力強く見えました。
それ以来私はこのレンズの虜になり、電卓をはじく毎日になりました。(どうやったら買えるんだ・・・)そこで出撃できずに不憫な思いをさせている愛玉ゴーヨンを売却することを検討し始めました。すごく思い入れのあるレンズですがもはやヨンニッパの描写を知ってしまった私をもう誰も止めることは出来ません。「ゴーヨンを売却すれば追い金20万円ほどでヨンニッパを手に入れられる・・」
そして某オークションにて我が愛玉ゴーヨンは売られていきました。(次のコラムに続く)

当時の在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 400mm
露光時間 1/1000秒
F値   2.8
ISO  200
露光モード M
D.P.P ver2.0.3.7→PhotoshopCS2
撮影日時 05/07/25 09:20/03
ピクセル等倍トリミング

投稿者 shirou-miz : 21:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月09日

長玉への道(4)~お持ち帰り~


ranking.gif
気に入って頂いた方はレッツクリック!

(長玉への道・3からの続き)
それは忘れもしない2005年1月4日のことでした。この日は正月明けの仕事初めの日でいきなり年明けからいらいらすることの連続でした。仕事が終わって帰路につき、いつもは新宿で降りることは無いのですがそこから乗り換えて中野へ向かってしまったのです。中野といえば有名な○○ヤカメラがあるところではないですか。無意識に身体が向かってしまったのです。そして店に入るやいなや棚の上に例の物の在庫を確認、バカ!!安月給のサラリーマンが何を考えているんだ!・・・かろうじてもう一人の自分がいました。しかし元々の自分は、ローンのシュミレーションを電卓で始めてしまいました。もう一人の自分がそれを咎めようとしますが次第に押されていきます。そしてついに店員に向かってこう発しました。「あのう、キヤノンのロクヨンください・・・」ついに2人の自分のバトルはピリオドを打ちました。冷静になった自分は電話口で○○信販のお姉さんから承認番号を聞いて「いつもの口座で・・・」とばっちり今後のことを打ち合わせていました。ああ、どうやって女房にばれないようにしよう・・・5kg以上ある激重レンズを持って帰りの混雑した電車に乗っている私は次の心配へと気持ちが移っていました。とりあえず帰ってからブツを車に積んで何事も無かったかのように家に帰りました。そして翌日仕事を休んでホバホバフィールドに行ったのは言うまでもありません。

当時の在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 840mm
露光時間 1/320秒
F値   8.0
ISO  200
露光モード M
D.P.P ver2.0.3.7→PhotoshopCS2
撮影日時 05/01/05 10:07/43

投稿者 shirou-miz : 22:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月07日

長玉への道(3)~ロ・ク・ヨ・ン~


ranking.gif
気に入って頂いた方はレッツクリック!

(長玉への道・2からの続き)
ゴーヨン(500mmf4を使い始めて早4ヶ月が過ぎました。このベストバランスレンズを1本所持していればレンズに関してはまず問題無いと言っても過言ではありません。しかし私のように熱しやすく醒めやすい性格だと「飽きる」というサイクルがあまりにも早くやってきます。画質よし、重さも適度でよし、見栄えだってよし・・・なのについつい無いものねだりをしてしまうのです。そうです。上にロ・ク・ヨ・ン(600mmf4というフラッグシップレンズが控えているのです。でも所詮は500mmより100mmアップになるだけだろうとしかアマちゃんの私には解釈できませんでした。ところがです!!とあるサイトで600mmで撮ったカワセミの写真を見て愕然としました。その写真は私の知っているであろうフィールドで撮られたものでバックが今ひとつの場所でした。しかしバックが綺麗に溶けているのです。おかしい、ここではバックがこんなにならないはず・・・そうか、ロクヨンはバックのボケが素晴らしいんだ・・・600mmf4の超極浅被写界深度がおりなすボケ味は何物にも変えがたいほどとろ~り溶けておりました。しかし5kg越えのこんな重たいレンズ、軟弱な私に担げるはずがない、しかもこれだけボケるレンズはピントが難しくて私のような腕の無い者には向かないのだろうなあ・・と自分に言い聞かせるのがやっとでした。
私は営業マンですがその商品をお客様が欲しいと感じた時に買うのに至って様々な障害を克服するために一つ一つの反対の断りを営業マンに対して小出しにしていきます。この断り」が出てくると、ちょいと背中を押せばもう契約はもらったものだという手ごたえがあります。まさに今の私はそんな状態です100万円近い、軽自動車が1台買えてしまうとてつもない価格のレンズを買おうとその気になってしまっているのです。もう普通のサラリーマンの趣味の領域ではありません。貴族にしか出来ない高等なお遊びの領域に行こうとしているのです。そしてついにその時が来ました。(次のコラムへ続く)

当時の在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 600mm
露光時間 1/1250秒
F値   4.5
ISO  200
露光モード M
D.P.P ver2.0.3.7→PhotoshopCS2
撮影日時 05/01/08 13:27/23
超トリミング


投稿者 shirou-miz : 21:47 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月01日

長玉への道(2)~嗚呼ゴーヨン~


ranking.gif
気に入って頂いた方はレッツクリック!

(長玉への道・1からの続き)
かくして私は500mmをゲットすることにより初の長玉オーナーになったわけでこれで装備も一通り恰好がつくようになりました(恰好だけで撮っているわけではありませんが・・)。
まずサンニッパ+2倍テレコンとの違いで感じたことは「立体感」が全く別物だということす。この「立体感」とはレンズ単体の無理のない画質といったらいいのでしょうか。それとやはりシャープさが全く別物です。開放絞りでもガンガン行けます。普通カワセミのトビモノは少しでもss(シャッタースピード)を稼ぐために開放か1/3段絞りくらいで撮ることが多いですがこの開放でバシッとくるのは非常に嬉しいことです。また知らないうちにレンズを構える腕を長く伸ばしているのが長玉オーナ-になった雰囲気を味あわせてくれます。しかしサンニッパより約1.3kg増しの重さは結構こたえます。この時通っていたフィールドがやたらと動き回る場所だったから余計にそう感じました。この頃はゴーヨンでこの重量感なのにロクヨン(600mmf4)だったらまずへたれの私には担げないのだろうなあと思っていました。ですから腕も体力もない私にとってこのゴーヨンはぴったりなレンズだと思っていました。ゴーヨンにレンズをグレードアップしてもカワセミはトビモノを簡単に撮らせてくれません。むしろゴーヨン+1.4倍テレコンの方が被写界深度が浅いのでピントの難しさを感じることが多かったです。でもなんとなく「この自分にぴったりの長玉で憧れだったカワセミを撮っているんだ・・」と自分なりに満足して至福の時を過ごしてゆくのでした。
(長玉への道・3へ続く)

当時の在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 700mm
露光時間 1/500秒
F値   5.6
ISO  200
露光モード M
D.P.P ver2.0.3.7→PhotoshopCS2
撮影日時 04/12/04 09:22/17
ノートリミング

投稿者 shirou-miz : 21:52 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月26日

長玉への道(1)~さらばサンニッパ~


ranking.gif
気に入って頂いた方はレッツクリック!

皆さんは長玉と言われるレンズは何mmからだと思いますか?鳥屋の標準レンズは600mmだと言われます。けど銀塩で等倍画角だとかなり物足りない感じがします。デジタル一眼が主流になった今では400mm(ヨンニッパ)からが長玉かな?という気がします。私はこれまでMarkⅡ+サンニッパ+2倍テレコンで頑張ってカワセミを撮ってきました。しかしはじめて半年くらい経つと鳥屋の自覚(なんのこっちゃ?)が長玉を欲しくさせていくのです。2倍テレコンだと画質が悪いと言われますがサンニッパに装着するとなかなか画質頑張ってくれます。しかし長玉レンズ単体のときのようなピシッとしたシャープさがないのも事実です。日増しに私の2倍テレコンコンプレックスが強まって行きました。決定打はある日撮影が終わってサンニッパを片付けようとフードを外したら仲間の一人が「随分可愛いレンズを使っているね。」と言われたことです。ここで私の物欲パワーはピークに達し、とうとう1週間も経たないうちにキヤノンの500mmf4(ゴーヨンを購入してしまったのです。それもまたしてもローンレンジャーで・・・・よく普通の人間としての良識にとどまれるのがサンニッパまでと言われています。このレンズで我慢が出来なくなったらレンズ沼にどっぷりつかっていくようなものです。ここから金銭感覚が麻痺してレンズの大きさの感覚も麻痺してきます。ゴーヨンを見て「随分コンパクトだね。」なんて言おうものならあなたは重症です。社会復帰は難しいでしょう。そんな世界に引きずり込まれていったのです。でも500mm、ついに長玉所有者になれたのです。こんな嬉しいことはありません。しかしながら3年以上愛用したサンニッパはお払い箱となりました。未練たらたらでしたがとても売らないことにはゴーヨンの頭金ができません。そうです。カワセミ撮りに愛用していたサンニッパはもう手元になく後には引けない状態になったのです。
(長玉への道・2へ続く)

当時の在庫より

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 500mm
露光時間 1/1000秒
F値   4.0
ISO  320
露光モード Av
露出補正 0.0EV
D.P.P ver2.0.3.7→PhotoshopCS2
撮影日時 04/11/06 14:12/04

投稿者 shirou-miz : 21:34 | コメント (0) | トラックバック